早漏に関するよくある質問 FAQ

現在、男性の3人に1人が悩んでいるとされる早漏。早漏は誰にでも起こりうる症状であり、パートナーとの関係性に影響を及ぼすこともあります。そのため、早漏に対する正しい知識を身に付け、日常生活で改善のためのトレーニングをしたり、早漏になった時にすぐに対処できるように備えておくことが大切です。

早漏に関する基本的な質問とその回答をまとめています。

早漏について

早漏とは何ですか?

早漏とは、本人またはパートナーが望むよりも早く射精してしまう症状のことです。早漏の人は、女性の膣に挿入する前に射精してしまったり、挿入している最中に射精してしまうことがあります。

早漏の定義は明確ではなく、個人によって判断基準は異なります。病院では一般的に膣内射精に至るまでの時間が約60秒以内であり、約6カ月以上この症状が続くと早漏として診断されます。しかし、このような厳密な定義内には当てはまりませんが、自分自身、そしてパートナーが性的に満足する前に射精に至ってしまうので早漏ではないかと悩んでいる男性はたくさんいます。

早漏にはどんな種類がありますか?

心因性早漏と身体性早漏の2種類に分かれています。

心因性早漏とは、精神的な理由で起こるものを指します。セックスに対する不安、緊張、パートナーとのコミュニケーション不足などが挙げられます。また、過去のトラウマにより早漏になることもあります。

身体性早漏の原因には、甲状腺疾患、前立腺炎などが挙げられます。また、セロトニンやテストステロンの数値が低いことが早漏の原因になることもあります。

おすすめジェネリックED治療薬の医薬品の通販・個人輸入サイト「ベターヘルスストアー

どれくらいの人が早漏を患っていますか?

早漏はとても一般的な症状であり、男性の3人に1人が悩んでいるとされています。早漏と年齢はあまり関係なく、すべての年齢層において早漏の発症率に大きな違いはありません。

早漏は病気に含まれますか?

早漏は病気ではありません。

医学会は早漏を、「女性の膣に挿入する以前、あるいは挿入してから1分以内に射精してしまう症状」と定義しています。しかし、早漏で悩んでいるほとんどの男性は、この医学会が定める「早漏」よりも軽い症状となっています。早漏の診断基準に従い日本人の男性の早漏の実態を調べてみると、早漏を患う男性の割合はおよそ1%〜3%と少なく留まっています。

勃起不全と早漏は関係がありますか?

勃起不全患者のほとんどは、早漏も発症しているとされています。勃起不全患者は、萎えないうちに性行為を行わなければいけないというプレッシャーから、早漏になることが多くあります。

おすすめジェネリックED治療薬の医薬品の通販・個人輸入サイト