早漏防止薬利用前の話

早漏防止薬利用前の話

早漏防止薬にはダポキセチンという有効成分が含まれています。ダポキセチンSSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)というクラスに分類される抗うつ剤の一種です。ダポキセチンの他にSSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)のうつ剤として日本で処方されている薬はデプロメール、ルボックス、パキシル、ジェイゾロフト、レクサプロなどになります。

早漏のほとんどの原因心因性だとされています。そのために抗うつ剤が早漏治療のために用いられるという理由もありますが、それだけではありません。

早漏自律神経の乱れに大きな原因があることから、SSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)というクラスの抗うつ剤が射精のタイミングを遅らせることに有効に働きます。SSRIクラスの抗うつ剤は脳内のセロトニンのレベルを上げるので、セックスという興奮する行為を行っている時にでも自律神経の働きをより正常に保つことができるようにサポートしてくれます。

早漏防止薬医薬品ですので、服用に際しては医師に相談することが望ましい薬です。正しい用量と用法を守って使用上の注意点や副作用の出方を知った後に服用するかどうかを決めた方が良いでしょう。

早漏防止薬服用する前に、まずは日常生活でできる自律神経を整える早漏防止の生活習慣を実践することはとても大切になります。日常生活における努力を実行しないと、早漏防止薬を服用しても根本的な原因が残ったまま薬を服用することになるので、効果が思うように出なかったり、長期的に見て良くない影響が出ることがあります。お風呂に入ってシャワーを浴びると体が清潔になるのと同様に、体調も良い生活習慣を取り入れることで初めて正常に働くようになります。日頃行っている生活習慣で悪習があり、それが原因で早漏になっている場合は、その習慣を改めないと根本的な解決には繋がりません

早漏防止のためにまず私たちができることは以下のようなことが考えられます。

 

1)タバコを控える

ニコチンは脳にドーパミンの刺激を与えるために、脳内の状態アンバランスにしてしまいます。体内では自然にドーパミンやセロトニンを生成するメカニズムが備わっていますが、タバコを吸うと外からの供給によるドーパミンの刺激に脳が慣れてしまっているので、体内の自然なドーパミンの生成能力が弱まってしまっています。

また、タバコは血管を収縮させる働きをもたらすので、タバコを吸い続けると勃起不全になる可能性が高くなります。

性行為を正常に行うためには、あらゆる面でタバコを控えた方が良いでしょう。

 

2)睡眠をしっかりととる

早漏の男性を調べると、睡眠不足の方がとても多いという調査結果があります。睡眠不足になると自律神経の働きがうまく作用しなくなります。ストレスを感じやすいために自律神経の交感神経が優位になっている状態が続き、その状態で性行為をすると早漏になりやすくなります。

早漏防止のためにもセックスを行う日の前日もそうですが、日頃から一定の十分な睡眠時間をとることで自律神経の働きを整えるようにしましょう。

仕事が忙しい方の中に週末に寝ためなどをする方がいますが、睡眠は長時間取りすぎると余計に疲れてしまうことになるために、生活のリズムを整えて自律神経の働きを自らサポートしましょう。

 

3)バランスのとれた食生活を行う

油分が多い食事をすると血管が劣化しやすく動脈硬化高血圧になりやすくなります。ホルモンのバランスも崩れることから性機能に悪影響を与えます。

甘いものをとりすぎると血糖値が上がるために自律神経のバランスを崩しやすくします。

早漏に効果的な食べ物はセロトニンのレベルを上げるトリプトファンという成分が含まれた食材になります。

トリプトファンは豆腐や納豆、味噌、醤油などの大豆製品、チーズやヨーグルトなどの乳製品、白米、そばなどの炭水化物などに多く含まれています。バナナには特に多く含まれています。

 

 

4)有酸素運動をする

有酸素運動をすることで新陳代謝を促すことができます。新陳代謝が良くなると早漏の症状に良い影響を与えることができます。

特に屋外に出て有酸素運動することは体内のセロトニンのレベルを上げることにも繋がり早漏防止への相乗効果を期待することができます。

運動する時には水分をたっぷりと補給することも心がけましょう。

 

5) 早漏防止のトレーニングをする

早漏防止のためにトレーニングすることも早漏克服のために大きなサポートになります。世界的に高い確率で多くの男性がトレーニングを数ヶ月行うことで早漏を克服することに成功しています。

早漏防止のためのトレーニングには以下のような方法があります。

・セマンズ法(スタート・ストップ法)    

スクイーズ法

PC筋を鍛える方法

マスターべーション(オナニー)をゆっくり行う方法

おすすめジェネリックED治療薬の医薬品の通販・個人輸入サイト「ベターヘルスストアー

早漏防止薬が開発される以前の話

ダポキセチンを有効成分とする早漏治療薬は、2009年に初めて世界的に開発販売されるようになった早漏治療を目的に特別に開発された医薬品です。新薬の薬剤名は「プリリジー」と呼ばれ、ジョンソン・エンド・ジョンソン社の製薬部門のヤンセン・シラグ社が開発し、販売されるようになりました。

新薬の販売開始後、インドの製薬会社から非公式ジェネリック医薬品も多数販売されるようになりました。

欧米の医療機関や治療院では早漏治療薬が開発される以前は主に心理療法を取り入れたり、カウンセリングを行ったり、セマンズ法(スタート・ストップ法)スクイーズ法、ケーゲル筋(PC筋)を鍛えるトレーニングなどのエクササイズやセックス・セラピーを患者たちに行うように指導していました。

早漏治療薬が開発販売される以前SSRIクラスの抗うつ剤ED治療薬が早漏治療用に処方されていました。

SSRIクラスの抗うつ剤としてプロザックは日本では未認可の医薬品ですが、欧米を中心に抗うつ剤の代名詞的に用いられている薬であり、世界的には最も知られたSSRIクラスの抗うつ剤となります。プロザックの知名度の理由は依存性と副作用が比較的弱いことにあり、海外では軽いうつ病の人も多く服用している医薬品です。

パキシルはSSRIに分類される抗うつ剤の中で最も早漏治療に効果があるとされている医薬品です。パキシルは薬の商品名であり、パキシルに含まれている有効成分はパロキセチンです。

パキシルを早漏治療として処方するクリニックも多いようです。しかし、パキシルは依存性が高く、パキシルの服用を中止した時に強い禁断症状が出ることが報告されています。

パキシルは男性の精子に悪影響を与えることから、将来子供が欲しかったり、子作りを計画されている方は絶対に避けた方が良い医薬品です。パキシルはまた、副作用として眠気を感じやすい抗うつ剤として知られています。早漏治療のためには極力服用を避けた方がいい薬でしょう。それでも日本では副作用と依存性の弱いプロザックが未認可ということや、早漏治療薬が医薬品として厚生労働省からの認可が下りていないことから、パキシルを処方しているクリニックが多くなっています。

ダポキセチンを有効成分とする早漏治療薬はヨーロッパを中心に世界的に60カ国以上の国々で医薬品として認可され処方されている医薬品です。しかし、日本の厚生労働省やアメリカのFDA(米国食品医薬品局)からは副作用があるという理由でまた認可されていません。日本ではその後、2012年に厚生労働省が輸入許可を認めたので国内の医療機関でも処方しているところがあります。

早漏防止薬の特徴

早漏防止薬はSSRIに分類される抗うつ剤の中でも早漏防止のために特化して開発された医薬品です。それでは、他のSSRIに分類される一般の抗うつ剤ダポキセチンが配合された早漏防止薬の違いは一体どこにあるのでしょうか?

ダポキセチンが配合された早漏防止薬特徴は、ダポキセチン体内に素速く吸収されるためにセックスを行う1時間前から数時間ほど前に服用することで、効果を感じることができます。また、体内に一度吸収されてからは体外に排出されるスピードが早いのでSSRIクラスの抗うつ剤に特有の副作用が少なくて済むようになります。ダポキセチンは有効成分が体内にとどまる時間を短縮することができるので人体にもたらす副作用を最小限に食い止めながらも、早漏治療の効果をもたらすことができるのです。

ダポキセチンが含まれた早漏防止薬は副作用が他のSSRIクラスの抗うつ剤に比べて少ないとされ、10%以下の人に軽度の副作用が出るという研究結果があり、重度の副作用がでるケースは稀だとされています。

まとめ

早漏防止薬を服用する前に、私たちが日常生活で行えることはたくさんあります。日々の生活習慣を改めることで、早漏の症状が次第に改善することに繋がるでしょう。早漏防止薬をあなたの味方にするためにも、日々の健康な体づくりへの努力を心がけましょう。

 

 

 

 

おすすめジェネリックED治療薬の医薬品の通販・個人輸入サイト