早漏防止薬の種類

早漏防止薬とは

早漏で長い間一人で悩み続けている男性は世界中にたくさんいます。困難なことは、早漏はセックスに関する悩みでありながら射精をすることはできるためにED(勃起不全)の悩みと異なり、多くの男性たちが恥ずかしがって誰にも相談することができないことにあります。

一人で何もせずに悩んでいると、セックスする時に早漏になってしまうのではないかと心配したり、セックスすることが怖くなったり、早漏であることがストレスでパートナーとの関係性にも影響を与えてしまいがちです。

早漏防止薬は服用したり塗布するだけで手軽に速攻的な効果を感じることができる薬です。薬を使うことに抵抗感がある方もいらっしゃると思いますが、世界にはたくさんの男性たちが早漏治療薬を服用して早漏の悩みを解決した人たちがいます。早漏治療薬は早漏の症状にフォーカスを合わせて症状を改善させるために開発された医薬品であり、それなりに多くの研究とエネルギーが込められた薬になります。安全性も数々の厳しい試験と検査を通して確認されています。近代の最先端の医療技術を駆使して開発販売されている早漏治療薬を服用して悩みを軽減させることは一つの良い方法でしょう。早漏治療薬に頼ってしまうことが心配になる気持ちもわかりますが、一度使用してみてから効果を確認してみることも良い方法ではないかと思われます。

早漏防止薬を服用し始めたら、長期的に早漏を克服する努力をすることも大切になり、早漏の体質改善を目指してトレーニングをしたり、食生活を改善させたり、運動をするなどの努力をして、早漏の根本的な解決に向けて前向きに動き出しましょう。

おすすめジェネリックED治療薬の医薬品の通販・個人輸入サイト「ベターヘルスストアー

早漏防止薬の種類

早漏防止薬は大きく分けて2種類が販売されています。

どちらかの1つのタイプが合うと感じれば1つを選んで使っても良いですし、2つを併用しても良いでしょう。様々な薬が販売されていますので、いくつか試して見て自分の体質と使いごこちの良い製品を選ぶことをおすすめします。

 

1) 服用するタイプ

1種類目は服用するタイプになります。

服用するタイプの早漏防止薬はダポキセチンという有効成分を含む医薬品になります。SSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)という抗うつ剤にも使用されている有効成分であり、脳内のセロトニンのレベルを上げることで早漏防止の効果を上げる医薬品です。セロトニン幸せホルモンと呼ばれる体内で生成される神経伝達物質であり、私たちの精神を安定させ、不安や恐れなどのネガティブな感情を抑え、痛みを和らげる働きをもたらします。そのため、脳内のセロトニンの濃度が上昇すると脳内の興奮状態を和らげることができるので、射精のタイミングを遅らせることができるのです。ダポキセチンが含まれる早漏防止薬は射精のタイミングを3倍から4倍まで遅らせる効果をおよそ70%の男性にもたらしています。

早漏治療薬は医薬品としてジョンソン・エンド・ジョンソン社の製薬部門のヤンセン・シラグ社が2009年に開発し、その後はじめて「プリリジー」という商品名で世界中に販売されるようになりました。日本ではまだ厚生労働省から医薬品としての認可は降りていませんが、2012からは輸入許可が出ているので国内での医療機関などでも処方されるようになりました。近年ではダポキセチンの有効成分を含んだ早漏防止薬のジェネリック医薬品も販売されています。

早漏治療薬の服用は性行為の1時間ほど前に服用することが望ましいとされています。

副作用の出方には個人差がありますが、吐き気、頭痛、めまい、しびれ、下痢、喉の渇き、だるさなどの症状がでることがあるとされています。副作用が出る確率は10%以下となっており、臨床実験などで安全が確認されている医薬品です。

しかし、副作用が出た場合は服用を中止して医師に相談することをおすすめします。

 

2) 塗布するタイプ

塗布するタイプの早漏防止薬は主に局部麻酔薬として使用されているリドカインなどの麻酔薬が含まれたタイプの薬です。泌尿器科の医師が、副作用がほとんどないので早漏治療に推奨する薬でもあります。ペニスの亀頭の感覚を鈍くさせることで性的刺激を和らげ、射精のタイミングを遅らせる薬です。

スプレータイプのものが主流になっています。効果が出る時間は塗布してから5分から10分と速いのでその手軽さも人気の理由になっています。

スプレータイプの早漏防止薬はたくさんの種類が販売されていて、それぞれ効果の表れ方が異なります。1つだけ試してみて効果が出なかったら諦めるのではなく、いくつか試して見てから判断しましょう。

製品によっては天然の素材でできたものも販売されています。

塗布するタイプの早漏防止薬を使用する際の注意点は、塗布した後にオーラルセックス(口で行うセックス)などをすることを避ける必要があるということです。また、挿入する際に女性のことを配慮してコンドームを装着する必要があります。

ED治療薬に早漏防止薬の成分が配合されたタイプ

近年ではED治療薬の有効成分にダポキセチンを配合させて開発された早漏防止効果のあるED治療薬が販売されています。このタイプのED治療薬は衰弱性早漏でお悩みの中高年以上の男性に特に人気のあるED治療薬です。

加齢により勃起力が不足すると女性の膣からの刺激をペニスが感じやすくなり射精のタイミングが早くなってしまいます。早漏は主に若い世代によく見られる症状として認識されていますが、加齢により男性ホルモンが低下することで射精管閉鎖筋が弱まり早漏になりやすくなります。パートナーの女性を満足させることができるようになるためにも早漏防止効果のあるED治療薬を服用するとより豊かなセックスライフを送ることができるようになるでしょう。

このタイプのED治療薬で人気のある製品はスーパーカマグラになります。スーパーカマグラはバイアグラのジェネリック医薬品を開発販売しているアジャンタ・ファーマ社から販売されているシルデナフィルダポキセチンを配合されたED治療薬です。カマグラは国際的に多くのファンがいるバイアグラのジェネリック医薬品であるためにアジャンタ・ファーマ社はED治療薬のジェネリック医薬品を販売する会社として信頼と実績のある製薬会社です。スーパーカマグラも早漏防止薬効果のあるED治療薬として高い効果をあげるとして定評のある医薬品です。服用の際の注意点はスーパーカマグラはシルデナフィルが100mgとダポキセチンが60mg配合されています。この用量は日本人の体質には多い用量ですので半分に切ってから服用する必要があります。半分に切って服用してみて効果を感じることができなかったら1錠を服用するようにしましょう。

もう一製品おすすめできる薬はスーパーPフォースになります。スーパーPフォースサンライズ レメディーズ社から販売されています。サンライズ レメディーズ社はインドの伝統ハーブ薬であるアーユルヴェーダの製品や抗生物質、漢方薬やサプリメントを開発販売してきて近年急成長を遂げている製薬会社です。

加齢による早漏でお悩みの方には精力剤を服用しながら運動をするなどして日頃から体質改善と体力づくりの努力を始めることをおすすめします。早漏防止効果のある精力剤はシトルリンアルギニンを主成分とする精力剤です。

早漏防止薬を選ぶ時の注意点

ダポキセチンと同じSSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)というクラスに分類される抗うつ剤であるプロザックやパキシルはうつ病用に開発された医薬品ですが、早漏防止にも効果があるとされている医薬品です。

しかし、このような抗うつ剤を早漏防止を目的にだけ服用することは推奨されません。特定の理由がない限り、早漏防止用に開発された医薬品を服用することが望ましいでしょう。

ダポキセチンが含まれた早漏防止薬のジェネリック医薬品は多数販売されていますが、医薬品によっては効果が薄かったり副作用がでてしまうなどの製品もありますので信頼できる製品をよく調べて選び購入することをおすすめします。

まとめ

早漏防止薬は早漏で悩む多くの男性のために開発された医薬品です。現代医学の技術と力を借りて、早漏の症状を解消するためには力強い味方だと言えるでしょう。速攻性があるので服用してすぐに効果を感じることができるために気軽に試してみることができます。

早漏防止薬を使用するのと共に、早漏克服のトレーニングをし、精力剤を服用しながら睡眠をしっかりととり、運動してバランスのとれた食生活を行うなどの日々の努力を重ねると少しずつ早漏の悩みは解消されていくことと思います。

 

 

おすすめジェネリックED治療薬の医薬品の通販・個人輸入サイト