勃起力不足による早漏

加齢のために生じる勃起力不足による早漏

男性が年齢を重ねると勃起力が不足になりがちです。勃起力が不足すると早漏になりやすくなります。勃起力の不足が原因の早漏は、若い世代がかかりやすい過敏性早漏とは異なり加齢により男性ホルモンが低下し体質が変化することから起こる早漏です。加齢による早漏は衰弱性早漏と呼ばれ、後天性早漏(acquired type)というタイプの早漏です。後天性早漏の原因は加齢による男性ホルモンの低下、疲労、高血圧、糖尿病、動脈硬化などの身体的要因と、ストレス、心配、不安、おそれ、憂うつなどの心因的要因が影響しています。

男性はまた、加齢すると運動不足やアンバランスな食生活のために動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病などにかかりやすくなります。動脈硬化などにかかり、血管の壁が劣化してくると血流の流れが淀んでしまい、その結果勃起力が弱まってしまいます。ペニスの毛細血管である海綿体に血液が流れ込むことで勃起が起こるのですが、血液の流れが悪くなると勃起の強さが弱くなり、硬くなりますが中折れしてしまったりする症状が起こります。勃起力が不足すると早漏になりやすくなります

衰弱性早漏の中でもう一つのタイプは射精をコントロールする筋肉である射精管閉鎖筋が弱まってしまうために起こる早漏のタイプです。加齢により男性ホルモンが低下すると次第に射精をコントロールする筋力も弱まってしまうのです。

おすすめジェネリックED治療薬の医薬品の通販・個人輸入サイト「ベターヘルスストアー

年齢が若いのに勃起力不足で生じる早漏

勃起力が不足すると早漏になりやすくなります。年齢が若くても勃起力が不足することがあり、その場合は若くても勃起力不足が原因で早漏になってしまいます。年齢が若いのに勃起力が不足する原因はストレス、不安、恐れなどのネガティブな感情考えにとらわれてしまっていること、自律神経が乱れてしまい、勃起するときに優位になる必要がある副交感神経がうまく働かず勃起がしにくい状態になることです。このような状態にいるときは、性的興奮を感じていても勃起が起こりにくくなります。

勃起と射精のメカニズムと自律神経

勃起と射精のメカニズム自律神経が管理しています。

自律神経は交感神経と副交感神経の二つに分かれた神経系によって形成され、どちらか一方が交互に優位になり身体をコントロールすることで作用をもたらします。

交感神経と副交感神経は、スイッチのように自律神経の命令によりどちらか一方が優位になるようになっています。残念ながら自律神経は私たちが脳で意図してから完全にコントロールすることはできません。自律神経は私たちの感じていること気分や感情により自動的スイッチが切り替わるようになっています。そのため、頭で考えたり思考することだけでは身体が思い通りに動かなかったりします。

自律神経のメカニズムは私たちが手や足を比較的意図した通りに動かすことができる運動神経とは異なります。私たちが意図した命令を脳が自律神経に伝達する時、自律神経は私たちのその時の感情や気分などに応じて交感神経と副交感神経どちらか一方が優位になっている状態にあります。脳が伝達した命令が自律神経の状態と一致すると初めてその作用が身体にもたらされます。

副交感神経が優位になる時はリラックスしている時、心が落ち着いている時、安静にしている時であり、交感神経が優位になる時は運動をする時、興奮している時、気持ちが高揚している時になります。勃起は副交感神経が優位な時に起こり、射精は交感神経が優位な時に起こります。

男性の性機能で最も重要な2つの段階である勃起と射精は、それぞれ異なる自律神経によりコントロールされます。勃起はリラックスしている時に優位になる副交感神経が優位な時に行われる作用であり、射精は興奮したり活動している時に優位なる交感神経が優位な時にもたらされる作用です。そのため、性行為を潤滑に行うには自律神経がよく働いている必要があります。

早漏の男性を調査してみると驚くほどに睡眠不足であることが多いという調査結果があります。眠っていないと自律神経がうまく働かないようになります。したがって、睡眠不足だと自分が意図してもなかなかその命令が身体には意志が伝達されず、案の定早漏になってしまう結果になってしまいます。

自律神経眠りのメカニズムをコントロールする重要な神経系でもあります。ストレスを感じていたり、疲れていたり、恐れや不安を感じていると私たちの精神は高揚しているので自律神経の交感神経が優位になっている状態になります。

例えば、私たちが眠りたいと思っていても、なかなか眠れない時があります。同じように私たちが起きたいと思ってもなかなか目が覚めない時があります。よく疲れすぎたり興奮していたりストレスを感じすぎたりしていると、逆に眠れないことがありますが、これはストレスや興奮を感じる時に私たちの自律神経では交感神経が優位になっている状態にあるために、眠りにつくためには私たちの感情を宥めて落ち着かせる必要があるから起こる症状です。よく眠ろうと思って強く意図しすぎたり、眠れないことでさらにストレスを感じてしまう時に余計に眠れなくなってしまうのは交感神経が優位の状態をさらに加速させるから起こります。

勃起力不足による早漏の原因

加齢による勃起力不足で早漏が生じる場合も、若年者が勃起力不足になり早漏が生じる場合も、自律神経の失調が原因となり早漏になるケースが多くなります。

勃起力が不足する場合は年齢が高くても若くても、大抵勃起した段階で男性に焦りや不安をもたらします。男性はこの時、中折れしてしまうのではないか、早漏で射精してしまうのではないかと心配し、ストレスを感じ始めます。この状態は交感神経が優位になっている状態ですので勃起力は更に低下してしまうことに繋がり、中折れする結果をもたらしてしまいます。

勃起力が不足するとより多くの性的刺激を与えることで勃起を促そうとしますが、この行為が自律神経には裏腹に作用して交感神経がより優位になり、女性の膣に挿入するために必要な強さを得ることができた時には、射精するまでに必要な一定の刺激に近い量の刺激がすでに伝わってしまっています。ですので、膣に挿入してからはすぐに射精してしまうという結果に繋がってしまいます。

このような自律神経に関連する勃起と射精のメカニズムに起因して、ED治療薬を服用して勃起力を改善することは早漏改善にも効果があります。ED治療薬は勃起力を改善し、強い勃起を感じた男性はリラックスして性行為を行うことができます。リラックスした状態で挿入しピストン運動をするとより長い時間快感を感じながらセックスを楽しむことができ、射精のタイミングを遅らせることができます。

勃起力が不足するとペニスが強力に硬くなっている時より、膣からの刺激を感じやすいために早漏になってしまう結果になっています。

まとめ

早漏は勃起力が不足すると生じやすい症状です。勃起力を改善すると早漏の症状を生じにくくさせることができます。そのためには日々の生活で自律神経を整える生活習慣を実践することをおすすめします。自律神経を整える生活習慣の最初の一歩として、規則正しい生活をし、睡眠をしっかりととることから始めると良いでしょう。バランスのよい食生活をし、有酸素運動を1日少しずつでも行うと少しずつ自律神経が正常に働くようになってくることと思います。

速攻的に勃起力を改善させたい方はED治療薬を服用するという方法を考えても良いでしょう。

おすすめジェネリックED治療薬の医薬品の通販・個人輸入サイト