早漏に効くED治療薬

早漏に効くED治療薬

早漏で一人で悩む男性はたくさんいます。早漏の悩みは男性が恥ずかしいと感じることから、早漏治療のために本格的に行動にでるためには時間がかかることが多い状況です。しかし、早漏で悩む男性が射精までの時間を伸ばして女性をより満足させたいという望みは強く、そのような男性はED治療薬を服用して早漏を改善させようとすることがあります。

ED治療薬はどの種類のED治療薬も早漏に効果があるとされています。ED治療薬は早漏の症状のために開発された医薬品ではないので早漏治療に直接的に効果をもたらすわけではないのですが、ED治療薬は勃起力を強くすることができるために早漏の症状を軽減させることができます。より硬く勃起したペニスの亀頭は膣から受ける感覚により鈍感になることから射精のタイミングを遅らせることができます。

ED治療薬PDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)阻害薬であり、勃起の状態を萎えさせてしまう体内で生成される酵素であるPDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)をED治療薬の有効成分をとおして阻害することで勃起の状態を維持することができるようにします。PDE-5阻害薬は直接的に早漏に影響を与える医薬品ではありません。しかしながら、ED治療薬は一部の男性に射精をした後も勃起を維持することができるようにする作用をもたらすことから、パートナーの女性を満足させてあげることができるようになります。

また、バイアグラなどのED治療薬は、早漏の症状を抱えている男性に一度射精してからもう一度勃起を起こすことができるまでに必要な時間を短縮させることができるために、過敏性早漏で悩む男性にパートナーを数回に渡るセックスで満足させてあげるサポートをすることができます。一度射精をしてもう一度勃起をしてセックスをする際には、普通1回目に比べてより長い時間射精するまでの時間を持続することができるようになります。パートナーの女性にも何度も続けてセックスをすることができるようになるのでより多くの満足感を与えることができます。

おすすめジェネリックED治療薬の医薬品の通販・個人輸入サイト「ベターヘルスストアー

早漏に最も効果のあるED治療薬

レビトラはED(勃起不全)で悩む全ての年齢の男性に勃起力をサポートする効果をもたらすED治療薬です。レビトラはED治療薬の効果が表れにくいとされている糖尿病を患う男性にも最も効果を与えることができるとされているED治療薬です。

2011年に発表された研究結果によれば、レビトラは早漏治療のために開発されたED治療薬ではないものの、早漏改善に最も効果的なED治療薬だという研究結果がでています。

この実験において、80人の早漏患者の被験者たちは2重にどの薬を服用しているのかわからなくさせられ、無造作に1錠の受け取るように導かれました。それらの薬はバイアグラの有効成分であるシルデナフィル50mgとレビトラの有効成分であるバルデナフィル10mgと、シアリスの有効成分であるタダラフィル20mgの3種類のED治療薬プラセボと呼ばれる有効成分を含まない錠剤の計4種類となります。

実験結果で被験者たちの勃起してから射精までの時間は、平均でシルデナフィル(バイアグラ)では53.5秒、タダラフィル(シアリス)では70.0秒、バルデナフィル(レビトラ)では82.5秒、プラセボ(有効成分の含まれていない錠剤)で48.5秒となりました。この研究結果で、バルデナフィル(レビトラ)が早漏に最も効果をもたらすED治療薬であるということが判明しました。

レビトラの有効成分であるバルデナフィルは感覚を鈍感にさせる効果をもたらすために、レビトラが早漏に最も効果のあるED治療薬だとされています。この実験ではバルデナフィル(レビトラ)10mgが使用されていましたので、レビトラの20mgにするとさらに高い早漏改善効果が期待できることが推測できます。

この実験結果ではシルデナフィル(バイアグラ)が最も勃起の質を改善することが明らかになりました。

タダラフィル(シアリス)は口コミで早漏改善に最も効果的なED治療薬であると言われていますが、この実験結果ではタダラフィル(シアリス)に早漏治療への効果は認められませんでした。その理由として、この実験が実験室内で行われたことにあると推測されています。タダラフィル(シアリス)の利点は長い効果持続時間にあり、この利点は自信がなく不安に感じている早漏を抱える男性の精神に安定作用をもたらすことができます。

ドイツの大学メディカルセンター・ケルンで働く泌尿器科専門医のフランク・ゾマー博士は、2005年の米国泌尿器学会年次総会にてレビトラ(Levitra)と選択的セロトニン再取り込み阻害薬 (SSRI) と呼ばれる抗うつ薬の一つであるゾロフト(Zoloft)が早漏を治療する有効性をもたらすことに関する研究を報告しました。フランク・ゾマー博士の研究ではゾロフト(Zoloft)とレビトラは 37人の早漏患者の症状を改善することができたと報告されています。この研究結果からレビトラは、早漏を改善するためのより効果的な医薬品として注目されるようになりました。さらに、この研究で何人かの被験者は、レビトラがパートナーの性的満足度を高めたと報告しました。「早漏の有望な治療法としてレビトラに潜在的有用性がある」とゾマー博士は研究結果報告で締めくくりました。

ED治療薬を早漏治療のために服用することのメリットとデメリット

1) ED治療薬を早漏治療のために服用することのメリット

PDE5阻害剤であるED治療薬は勃起組織を弛緩させるので、より多くの血流の流れを促進することができ、スムーズに勃起を起こし持続させることができるようにサポートします。勃起を維持することへの心配などの心理的な問題を抱えている男性は、しばしば射精のタイミングが早まってしまう傾向があります。ED治療薬はよりセックスを長く続けることを可能にさせ、早漏の症状を緩和するのにも役立ちます。セックスの時の勃起の状態をよりうまくコントロールすることができることは、男性が自分自身でペースをとることができることを助け、その結果、早漏の症状を軽減させることができるようになるのです。

ED治療薬はFDA(米国食品医薬品局)や日本の厚生労働省に医薬品として認可された薬です。あらゆる面で安全性が確認された医薬品ということができるでしょう。日本の医療機関でも処方されているために安心して服用することができます。

一方ダポキセチンを配合したED治療薬はFDA(米国食品医薬品局)や日本の厚生労働省に医薬品として認可されていない医薬品です。欧米を中心に世界の60カ国で認可されている医薬品ですので信頼して服用することができる医薬品ではありますが、医薬品として認可された薬のみ服用したいという方はED治療薬を服用することをおすすめします。

 

2) ED治療薬を早漏治療のための服用するデメリット

ED治療薬は早漏改善にも効果をもたらす医薬品ですが、どうしてもED治療薬を服用しながら早漏を治療したいという望みがある方でなければ、早漏治療用に開発されたダポキセチンを含む早漏治療薬を服用することがより効果的な効用を感じることできます。

ダポキセチンを含む早漏治療薬は性行為の1時間ほど前に服用すると3〜4時間ほどの効果時間が持続し、次回服用するまでの服用間隔は24時間とされ1日に一回以上服用してはいけない薬です。

泌尿器科の医師は近年早漏治療のために塗布するタイプの局部麻酔薬を使用するようにすすめていることが多いようです。塗布するタイプの早漏治療薬は塗ってから5分から10分ほどで効果がでてくるので急いでいる場合には使いやすいタイプの薬です。

まとめ

ED治療薬は早漏治療にある程度の効果をもたらすことができる医薬品です。3種類販売されているED治療薬の中でもレビトラが最も早漏に効果をもたらすことができるED治療薬です。ED治療薬を服用すると勃起力が高まるためにパートナーの女性を満足させてあげることができることにも繋がります。近年ではED治療薬に早漏防止薬の成分が配合されているスーパーカマグラスーパーPフォースなどのジェネリック医薬品も販売されています。自らの使用用途と好みに合わせてどちらも試されてみると良いでしょう。

おすすめジェネリックED治療薬の医薬品の通販・個人輸入サイト