早漏防止薬の偽造品

はじめに

早漏防止薬2009年にジョンソン・エンド・ジョンソン社の製薬部門のヤンセン・シラグ社が開発し販売されるようになった比較的新しい種類の医薬品です。

早漏防止薬と比較してED治療薬1998年にアメリカのファイザー製薬から初めて開発販売されるようになった医薬品であり、より歴史があり知名度のある医薬品です。1998年に世界初のED治療薬であるバイアグラが販売されるようになった時は、それまでに大きな解決策がなかったものの、多くの男性を悩ませていたED(勃起不全)という症状を速攻的に対処することができる「夢の薬」が誕生したとして話題になりました。バイアグラの開発販売に続き、レビトラが2004年に、そして2007年にはシアリスが販売されるようになりました。レビトラはバイアグラに比べてより速効性があり食事の影響を受けにくく副作用の少ないとされるED治療薬です。シアリスは効果持続時間が36時間までと長く、食事の影響が受けにくく副作用が3種類のED治療薬の中で最も少ないとされるED治療薬です。それぞれの3種類のED治療薬の内、どの薬を服用するかは個人の好みによって分かれている現状です。

1998年バイアグラが発売されてからは、その価格の高さや、 ED治療薬を日本の医療機関に処方してもらいに行くことが恥ずかしかったり面倒だという理由で、多くの男性たちが個人輸入を通してバイアグラを購入するようになりました。

日本の薬事法により、日本で医薬品を処方する場合は医療機関あるいは医師の処方による薬局での対面での販売のみが許されていますが、個人輸入の場合は海外からの個人輸入代行業者を通して個人が使用する分の医薬品は購入することができるようになっています。多くの男性の需要があるという理由と、海外からの通販という直接顧客が接することができない場所で取引されている商品だという理由のために悪徳業者が目をつけて偽物を製造販売したり、商品自体が送られて来ないというようなトラブルが相次ぎました。

偽物品の中には不衛生な場所で製造されていたり添加物に不純物が含まれていたりなどしているので、効果を感じることができないばかりか、重圧な副作用が出たり、最悪の場合は死に至る事態も報告されています。

おすすめジェネリックED治療薬の医薬品の通販・個人輸入サイト「ベターヘルスストアー

早漏防止薬の偽造品

ED治療薬と比較して早漏防止薬は比較的歴史が浅く、知名度も低いのですが、先発医薬品である「プリリジー」には悪徳業者も目をつけて偽造品が製造販売されているおそれがあるためにED治療薬と同様に海外からの輸入代行業者を利用する場合には細心の注意が必要な医薬品です。

インターネットで流通しているED治療薬約6割偽物であるという調査結果があります。早漏防止薬の偽造品に関してはまだ正確な調査はなされていませんが、価格が高価に設定されている先発医薬品である「プリリジー」を海外からの個人輸入代行をとおして購入する際には特に注意して信頼できる業者を選び購入する必要があります。

早漏防止薬のジェネリック医薬品は、先発医薬品に比べて偽造品が販売されている確率が少ないとされています。なぜなら、ジェネリック医薬品のもともとの価格は新薬の5分の1以下にまで下がって設定されていることから、原価が安いジェネリック医薬品の偽造品を苦労して製造してもそれほど利益を上げることができないためです。

早漏防止薬の先発医薬品の特許はまだ有効期間内にあります。そのため、早漏防止薬のジェネリック医薬品は国際特許法律に準じることなくジェネリック医薬品を開発販売しているインドの製薬会社が開発販売しています。インドの製薬会社と聞くと日本人の視点から見れば発展途上国ですので信頼できるかどうか不安になる方もいらっしゃると思います。しかし、インドの製薬会社の中には世界的に医薬品を輸出販売している製薬会社も多く、先端的な技術と施設の元で医薬品が開発製造されています。インドの製薬会社が製造しているジェネリック医薬品は、価格が新薬に比べて低く設定してあり、なおかつ高品質であることから世界の発展途上国で広く用いられています。医療の人道援助を行っている民間の国際NGO団体である「国境のなき医師団」もインドのジェネリック医薬品を用いて救済活動を行なっています。

このような点を考慮しても、インドの製薬会社で製造されたジェネリック医薬品を日本の信頼できるインターネットの個人輸入代行業者を通して購入することは良い選択ということができるでしょう。

ED(勃起不全)患者の3分の1は早漏症を抱えているといわれています。EDと早漏の両方の症状でお悩みの方へ、早漏防止薬の中でおすすめすることができる医薬品は、ED治療薬の有効成分と早漏防止薬が一緒に含まれている薬剤になります。

このタイプの医薬品の中で特に質の高い医薬品はアジアンタファーマ社が開発販売している「スーパーカマグラ」と、サンライズ・レメディー社が開発販売している「スーパーPフォース」になります。ED治療薬と早漏治療薬をそれぞれ別に購入し服用する必要がある手間を省くことができ、相乗効果を期待することができる医薬品です。

「スーパーカマグラ」と「スーパーPフォース」にはバイアグラの有効成分であるシルデナフィルが100mgと早漏防止薬の有効成分であるダポキセチンが60mg含まれています。日本で処方の認可が下りているバイアグラ1錠の用量は50mgであり、25mgから処方されています。プリリジーは30mgと60mgが主に販売されており、「スーパーカマグラ」と「スーパーPフォース」に含まれているダポキセチンは日本人の平均的な体型には多めの用量になっています。個人で輸入購入して服用する際には、必ず半分か4分の1に切ってから服用する必要があります。このことを知らずに1錠をまるまる服用してしまい、強い副作用がでてしまったという方がいます。

日本のインターネットのサイトではダポキセチンを服用して副作用がでたというレビューが多く書かれていますが、正しい用量と用法を守って服用するとダポキセチンを服用して副作用が出る確率はおよそ10%以下に留まっています。おそらく、重篤な副作用が出たという方はおそらく使用上の注意や多すぎる用量を服用してしまったケースがほとんどだと推測されます。しかし、服用の際には注意が必要ですので医師に相談するか、4分の1などの少量から服用することを試してみるかなどの方法をまずは試されると良いでしょう。

早漏防止薬をインターネット通販を通して購入する際のポイント

早漏防止薬をインターネットの通販を通して海外から個人輸入する際、日本の薬事法の基準においては合法ですが、何かのトラブルに巻き込まれたり、重篤な副作用がでたり、偽物に当たってしまい、体調を崩してしまったりなどしても「個人責任」になってしまい、日本の医療保障制度の救済措置を受けられなくなってしまいます。個人の責任になってしまう以上、購入する際には入念に調べて細心の注意を払いながら業者を選ぶ必要があります。

早漏防止薬をインターネット通販を通して購入する際には以下のポイントを確かめて購入すると良いでしょう。

1)いくつかのインターネットのサイトを比較してみる

インターネットの個人輸入代行を利用することを決めたら、まずは複数のサイトを比較して検討してみる必要があります。

 

2)安すぎる価格で販売されているサイトは気をつける

購入したい医薬品を定めたら調査して価格を比較してみます。

大幅に安すぎる価格が設定されていたら偽造品を販売している可能性がありますので注意が必要です。

 

3)電話でのカスタマーサポートがあるかチェックする

偽物を販売している業者は電話でのカスタマーサポートを提供する業者が少なくなっています。電話での丁寧な対応があるかを確かめるために電話で商品を注文したり、まずは電話で問い合わせてみるなどの事前調査を行っても良いでしょう。

 

4)保証制度がある業者を選ぶ

信頼できるインターネットの個人輸入代行業者は正規品販売の保証と宅配保証などの保証制度を提供しています。悪徳業者は当然、保証制度を提供していません。

 

5)成分鑑定書がインターネット上で公開されている

信頼できる業者は第3機関に依頼して医薬品の成分鑑定書を発行し、公開しています。悪徳業者はこのような成分鑑定書がインターネット上で公開していません。

 

6)クレジットカードで決済できる

信頼できる業者はクレジットカードの決済が可能になっています。

悪徳業者はクレジットカード会社の審査に通過することができないために、クレジットカードでの決済ができないようになっています。

 

7)ポイント還元制度があるかチェックする

信頼できる業者は顧客のリピート率が高い業者です。このような業者は繰り返し購入する顧客のために次回購入する際にポイントで割引をもらうことができるなどの制度を提供している業者が多くなります。

まとめ

早漏防止薬をインターネットの個人輸入代行業者を通して購入する際には、業者の事前の調査が不可欠となり、信頼できる業者を選ぶことが大切になります。一度信頼できる業者を見つけることができると、次回からは安心して購入することができるようになります。そのためにも、上記に挙げたようなポイントをクリアしている業者を選ぶと良いでしょう。

 

 

 

 

おすすめジェネリックED治療薬の医薬品の通販・個人輸入サイト