早漏防止の医師篇

早漏防止の医師篇 

日本ではおよそ半分の男性、数としては500万人以上の男性が早漏ではないかと心配しているという統計があります。世界的に見ると世界の男性の30%は早漏で悩んでいると言われています。

早漏で深刻に悩んでいる方は医療機関に勇気を持って相談するとよいでしょう。

総合病院に行く場合は、泌尿器科に行かれることをおすすめします。

早漏克服のために医師へ相談しに行くのならば、病院やクリニックを事前にしっかりと調査して行かれることをおすすめします。なぜなら、クリニックによっては早漏の症状をできるだけ患者の立場に立って治療することを目的とするのではなく、ビジネスを目的に開業しているクリニックも多いからです。そのようなクリニックに行けば、カウンセリングは無料ですがより高い治療費がかかる注射や手術などを不必要に勧められる場合があります。カウンセリングにより精神的に楽になったり回復するのではなく、早漏であることへの不安を煽り立てて治療費の高い治療を勧められる可能性があるのです。

病院やクリニックにはインターネットのサイトがある医療機関が多いので事前に調査して訪問すると良いでしょう。

病院の医師によっては早漏治療を行なっている方もいれば、早漏治療は専門に行なっていないというところもあります。確認のために電話して聞いて見るなどの方法をとってもよいでしょう。アメリカではセックス・セラピーや早漏治療へのトレーニングなどのプログラムも充実しており容易に探すことができますが、日本では泌尿器科に行っても医師によっては早漏治療をしないところもあるといわれています。せっかく勇気を出して病院に行ったのに、早漏治療を行なっていない医師に当たってしまえば心理的に負担になってしまいます。ですので、事前調査をしっかりとして良心的に親身になって治療を行なってくれるクリニックや病院を探すようにしましょう。

おすすめジェネリックED治療薬の医薬品の通販・個人輸入サイト「ベターヘルスストアー

早漏治療のために医師が行うこと

早漏治療のために病院で医師が行う治療の流れは基本的に以下のようになります。

1) カウンセリング

病院へ行くと医師はまず症状を聞くためにカウンセリングを行います。

早漏からできるだけ自然な方法で回復するために医師がサポートしてくれているのかを見極める必要があります。

カウンセリングの時に良い医師に出会うことができれば、これまで一人で悩んでいた心の重荷をおろしてだいぶ気が楽になることもあるでしょう。これだけでも症状が良くなる可能性もあります。

早漏のメカニズムや生活習慣を改善させることなどの説明をしてくれる医師もいるので、知らないことや知りたいことがあれば積極的に質問しましょう。

この時に早漏治療へのトレーニング方法の導入を行なってくれることもあります。

医師がトレーニングを方法を詳しく知らなかったら、トレーニングを訓練してくれる医療機関やトレイナーを紹介してもらえるか聞いて見ると良いでしょう。

2) 早漏治療薬の処方

症状を医師がヒアリングした後に、大抵の場合医師は早漏治療薬を処方します。

早漏治療薬はダポキセチンという有効成分を含んでいる医薬品です。ダポキセチンはSSRIは英語ではSelective Serotonin Reuptake Inhibitorsと呼び、日本語では選択的セロトニン再取り込み阻害薬と呼ばれる抗うつ剤の一種の成分です。

セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれる体内で生成される成分です。脳内にあるセロトニンは射精のタイミングを調整することができる成分として知られるようになり、脳内のセロトニンのレベルを上げるためにダポキセチンという有効成分が効果を示したために早漏治療薬として使用されるようになりました。

早漏治療薬として最もポピュラーな医薬品はプリリジーです。プリリジーは早漏治療薬専門に開発された世界初の治療薬でベルギーに本社のあるヤンセン製薬が2009年に開発した医薬品です。日本ではまだ処方する医薬品としての認可はおりていませんが、2012年には厚生労働省からの輸入許可がおりたので国内の医療機関において処方することができるようになりました。

ダポキセチンを含む早漏治療薬は射精のタイミングを3倍から4倍まで延長することができるという効果を上げています。

 

3) 注射

早漏はペニスが敏感すぎるために起こる症状であることが原因の一つとして上げることができることから、亀頭や包皮小帯周辺に注射をして亀頭を強化し早漏改善を目的としています。注射する成分としてはコラーゲンやヒアルロン酸などを注入するタイプのものがあります。

・コラーゲン注射

・ヒアルロン酸注射

・アクアミド注射

4) 手術

早漏克服のための手術には主に以下のような手術が挙げられます。

・包茎手術

包茎手術は医学会などでは早漏への直接的な効果はないとされています。しかし実際のところ、包茎の男性は亀頭が包皮で普段覆われているため、性交の際に亀頭がより敏感に反応することは事実です。包茎手術をしてからすぐに早漏から回復することを期待して包茎手術をしたらがっかりするかもしれませんが、長い目で見て亀頭を常に表に晒すことで少しずつ亀頭が鈍感になっていることを考慮して包茎手術をされるのでしたら効果が期待できるかもしれません。医師や体験者などに相談して慎重に判断すると良いでしょう。

 

・選択的陰茎背神経切離手術

ペニスの陰茎背部神経を切断することでペニスを鈍感にし早漏を治療する手術です。

 

・亀頭陰茎増大手術

ペニス増大のための手術でもある亀頭陰茎増大手術がペニスを鈍感にするために早漏にも効果があるとして早漏治療のために亀頭陰茎増大手術を行なっているクリニックもあります。

 

*注意点

手術をお考えの方に注意を促したい点は男性クリニックの中にはビジネスが目的で開業しているところもありますので、高額な手術をすすめてくる可能性があるということです。実際に手術が早漏克服のために役立つこともあると思いますが、一度手術すると元に戻ることができない重要な選択となりますので、手術を考慮されている方は他のクリニックや病院の泌尿器科に行って医師のセカンド・オピニオンを求めることをおすすめします。

 

5) セックス・セラピー、トレーニング

日本ではまだ実際に早漏治療のためにセックス・セラピーやトレーニングを行なっている医療機関は少数ですが、早漏治療にはセックス・セラピーやトレーニングを行うことが最も自然な形で治療を行うことができる方法とされています。

病院で早漏治療をすることのデメリット

ここまで病院で行われる早漏治療を見てきましたが、病院で早漏治療を行うことのデメリットをあげて見ます。

・病院へ行って早漏治療を相談したら、たいていの場合医師は早漏治療薬を処方するでしょう。医師が用量や用法をしっかりと指導して処方してくれるので安心ですが、高額な上に時間をかけて病院に行く必要があるというデメリットがあります。早漏治療薬は通販でも販売されています。

・医師によっては早漏治療に関して積極的でない場合もあります。

・心因性の早漏だと、専門的なカウンセリングやセラピーを受けるなどの方法をとらないと精神的に改善されません。普通の病院の医師はセラピストではないのでセラピストがいる病院を選ぶ必要があります。

・トレーニング方法などはインターネットにも情報が載っており、実際にトレーニングをするのは本人とパートナー次第なので医師はあまり役に立たないことがあります。

まとめ

早漏治療のために症状が深刻であれば、一度医師に相談することをおすすめします。しかし、病院で早漏治療することへの注意点とデメリットもありますので、医療機関と医師を慎重に選択して訪れることをおすすめします。

おすすめジェネリックED治療薬の医薬品の通販・個人輸入サイト