早漏防止の改善方法 – ご心配なく

早漏の悩み

早漏は明確な原因を特定することは難しいとされている症状です。十代の若い世代は過敏性早漏という種類の早漏になりやすく、この種の早漏はセックスの経験を重ねると共に射精を遅らせることを学ぶようになります。年齢を重ね、中高年になってくると加齢による早漏である衰弱性早漏になる男性が増えてきます。

早漏はほとんどの場合、心因性であるとされています。そのため、新しいパートナーと初めてセックスする際に早漏が起こる可能性が高くなります。また、長い期間、女性とセックスをしていなかった男性が久しぶりにセックスをする際に早漏になったりもします。不安、罪悪感、緊張、ストレス、うつ病などの心理的要因がおうおうにして早漏の原因となります。場合によっては、ホルモン障害、前立腺や甲状腺、尿道などの疾患から早漏が起こっていることがあります。特定の薬の副作用などの医学的原因に関連する場合もあります。

早漏は日本ではおよそ半分以上の男性が悩んでいる症状です。早漏は「女性を満足させる前に射精してしまうこと」なのではと不安に思っている男性は多いのですが、実際に医学的な早漏の症状の診断は膣に挿入して1分未満に射精してしまう症状をいいます。1分未満の短い挿入時間の頻度が毎回あるいはほぼ毎回の性交で現れてしまい、このような状況が6ヶ月以上持続しているという症状です。このような医学的診断に基づく早漏の男性は1%から3%ほどにとどまっている状況です。

しかし、このような医学的な症状としての早漏よりも、女性をセックスで満足させることができずに早々と射精をしてしまうことは男性としてのプライドを傷つけ、自信を失い、憂うつになることに繋がってしまいます。早漏で悩む男性の多くは早漏であることを恥ずかしいと感じているので、早漏の症状を改善しようと思い立つまでには長い時間を要する人も多い状況です。

このようなネガティブな心理的な要素は早漏の症状を悪化させてしまうことに繋がります。なぜなら、早漏の原因のほとんどは心因性であるとされているからです。射精のメカニズムは自律神経の交感神経により司られているために、ストレスや緊張などが高まると射精のタイミングが早くなってしまうのです。

おすすめジェネリックED治療薬の医薬品の通販・個人輸入サイト「ベターヘルスストアー

早漏の改善方法 

早漏を克服したいと思い立った方は、すでに改善への大きな一歩を踏み出したと言っても良いでしょう。早漏克服への最も大きな障害は、早漏と向き合うことができずに一人で悩む期間が長いということなのです。一度問題に向き合い、改善のために努力すると決心したら、あとは様々な早漏防止のための改善方法から自分に合う方法を選び行動に移せば良いからです。

これからご紹介する早漏の改善方法は多くの男性たちに効果を示している方法です。読んでみてピンときた方法を一つずつ試してみて自分の症状と体質に合う改善方法をみつけることをおすすめします。

少し時間をかけてでも早漏を根本的に解決したい方への改善方法と、次回にセックスをする時にすぐにでも早漏を治したいという方への速攻的な改善方法の2種類をご紹介することにします。

早漏を根本的に改善する方法

1) 早漏防止のトレーニングをする

早漏防止へは早漏防止のトレーニングをすることが最も自然で効果的な方法です。平均して、早漏防止のトレーニングをしている男性の50%〜95%は、最終的に早漏を克服することができます。

早漏防止への最もポピュラーな方法が以下の二つの方法になります。

・スタート・ストップ法

・スクイーズ法

・PC筋を鍛える方法

早漏防止トレーニングは症状が回復するまでに数ヶ月かかるために忍耐力と根気強さが必要となる方法です。しかし、筋トレのように毎日粘り強くトレーニングをすると高い確率で射精のタイミングを遅らせることができます。トレーニングを行いながらゆっくりと射精することを覚えていくプロセスの中で、少しずつ感覚的に神経系の伝達システムと自らの思考や感覚が射精のタイミングどのように影響を与えているのかに敏感になり射精のタイミングをコントロールすることを体得することができるようになります。

 

2) リラックスするために腹式呼吸の瞑想をする習慣をつける

早漏は自律神経の交感神経に過度の刺激が伝わりすぎて起る症状です。あらゆる意味でリラックスしながらセックスを行うようにできるようになることは早漏改善に繋がります。

セックスの前やマスターベーションの前に、ゆっくりと深く腹式呼吸をして精神を鎮めます。簡単な瞑想方法などを試してみても良いでしょう。深い腹式呼吸をすることは体内により多くの酸素をとりいれることになるので心拍数を下げ、緊張や興奮している状態を落ち着かせてくれます。リラックスした状態は副交感神経が優位になっている状態ですので、この状態を性交の際にも維持できるようになると射精までの時間が伸びていきます。

 

3) セロトニンのレベルをアップさせる生活習慣を身につける

脳内のセロトニンのレベルをアップさせると射精のタイミングを遅らせることに効果的だという研究が発表されています。早漏防止薬に含まれている有効成分であるダポキセチンも化学物質により脳内のセロトニンのレベルをアップさせて早漏治療をする医薬品です。

セロトニンは健康な生活習慣を身につけることで自然にアップさせることができます。

セロトニンはトリプトファンという私たちが毎日よく食べている食べ物にも多く含まれている成分です。

トリプトファンが多く含まれている食べ物は豆腐や納豆、味噌、醤油などの大豆製品、チーズやヨーグルトなどの乳製品、白米、そばなどの炭水化物などになります。バナナには特に多くのトリプトファンが含まれています。

太陽の光を浴び、十分な睡眠を取り、有酸素運動をすることもセロトニンのレベルをアップさせる効果的な方法です。

その他はセロトニンを生成するサプリメントを服用することもできます。

 

4)精力剤を服用する

加齢による衰弱性早漏でお悩みの男性には精力剤を服用することをおすすめします。アルギニンやシトルリンが主成分として含まれている精力剤は特に早漏に効果をしめしている精力剤です。

 

 早漏を速攻的に改善する方法

1) 厚いコンドームを使用する

0.01mmから0.03mmの薄いコンドームではなく、0.01mmなどの厚いコンドームを使用するとペニスに伝わる刺激が少なくなるので過敏性早漏で悩む多くの男性たちに効果を示しています。厚いコンドームを使用する方法はこれから子供を望む夫婦には不向きな方法ですが、子供を望まないカップルには手軽で簡単で安全な方法になります。

 

2) 刺激を受けにくい体位を試してみる

セックスの時の体位によっては射精のタイミングを遅らせることができる体位があります。通常の体位ですと最も射精しやすいタイミングですので、男性が腰を振りにくかったり、深く挿入することができない体位で性交をすると長く挿入時間を持続することができます。座位、背面になりながらの体位、対面で立ちながらの体位などのポジションは男性が興奮しにくいポジションだとされていますが、女性は興奮しやすいポジションでもあるといわれています。

 

3)早漏防止用の局部麻酔スプレーやクリームを塗布する

過敏性の早漏にはペニスの感覚を鈍感にさせる局部麻酔薬が含まれているスプレーやクリームを塗布すると速攻的な効果を感じることができます。副作用はありませんが、パートナーの女性の方がオーラルセックス(口での性交)をすることができないので注意が必要です。女性のためにも薬を塗布してコンドームをつけてから性交をすると良いでしょう。

 

4) 早漏防止薬を服用する

早漏防止に効果的なダポキセチンという有効成分が含まれた医薬品を服用すると速攻的な効果を体験することができます。ダポキセチンは抗うつ剤にも含まれている有効成分で世界中の多くの国々で早漏治療に効果をあげている医薬品です。

衰弱性早漏でお悩みの方は、ED治療薬にダポキセチンが含まれているタイプのジェネリック医薬品を服用することをおすすめします。このタイプで定評がある薬はスーパーカマグラスーパーPフォースになります。どちらもバイアグラのジェネリック医薬品を販売している信頼と実績のある製薬会社が開発販売している薬です。

まとめ

早漏は多くの男性たちがこれまでに克服することができた症状です。一度心に決めたら、あとは行動あるのみです。根本的な早漏克服方法と、速攻性のある早漏克服方法にはそれぞれメリットとデメリットがありますが、自分に合った方法を複合的に探して試されることをおすすめします。

おすすめジェネリックED治療薬の医薬品の通販・個人輸入サイト