早漏防止薬の意味

早漏防止薬の意味

早漏防止薬が世界で初めて医学会からの認可を受け誕生したのは2009年でした。早漏防止薬が処方される以前は主に欧米の泌尿器科医師たちは主にセマンズ法(スタート・ストップ法)スクイーズ法などのトレーニング方法を患者たちに行うよう指導していました。

早漏防止薬に含まれている有効成分であるダポキセチンSSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)というクラスに分類された抗うつ剤にも使用される医薬品です。早漏自律神経の失調に大きな要因があり、脳内の伝達する機能がストレスや不安、恐れなどのネガティブな感情によりうまく機能しなくなり起こる症状であるケースが多いと報告されています。脳内の状態を安定させる体内で分泌される物質であるセロトニンの脳内レベルはダポキセチンを服用することで上げることができます。セロトニンの脳内レベルを上げると、精神状態が安定してくるので脳が早期に射精の指令を出してしまうことを防ぐことができます。

早漏防止用医薬品2009年より世界で処方されるようになってから、病院もより積極的に早漏治療を指導することができるようになりました。医療機関としてはどうしても治療薬がないと指導することができる範囲が限られてしまっていましたし、早漏という症状が真剣に性機能の症状として扱われにくかった現状がありました。早漏防止用医薬品が開発され認可された意味は、早漏というセックスの射精のタイミングに関わる症状が、世界の医学会で正式に認められることに繋がったと見て良い画期的なできごとでした。早漏で一人悩み、恥ずかしさを感じていた男性も、ダポキセチンが処方されるようになってからは堂々と医療機関に相談することができるようになりました。

ダポキセチンの処方と共に、特にアメリカなどではセックス・セラピーや早漏治療のためのトレーニングがカウンセリングやセラピー、トレーニングの指導などを通して積極的に行われています。しかし、日本ではまだ医療機関では心身的な指導やケア、トレーニングはあまり行われていないことが現状です。医師やトレーナーがトレーニングを指導するというよりも一人でインターネットで情報を得たり、DVDなどを見てトレーニングをする方法が主流になっています。

おすすめジェネリックED治療薬の医薬品の通販・個人輸入サイト「ベターヘルスストアー

早漏防止薬の用法と作用

ダポキセチンは「プリリジー」という医薬品名でジョンソン・エンド・ジョンソン社の製薬部門のヤンセン・シラグ社が2009年に開発し販売されるようになりました。現在ではヨーロッパを中心に世界60カ国で医薬品として認可され処方されています。日本やアメリカでは副作用が出るなどの理由でまだ医薬品として認可されていません。しかし、2012年には日本の厚生労働省がプリリジーの輸入許可を認めたことから日本の医療機関においても販売されるようになりました。

ダポキセチンは経口投与後、1時間後に血液内の濃度のピーク濃度に達します。有効成分が体内から排除されるためにかかる時間は比較的迅速であり、最終半減期は約19時間となります。そのため、セックスの1時間ほど前に服用することが最も効果的だとされ、効果持続時間は4〜5時間ほどになります。1回服用してから次回に服用するまでの服用間隔は24時間ほどとされています。

ダポキセチンは個人差はありますが、初めて服用した方には効果が表れにくいとされています。

継続的に服用することで効果がより出やすくなります。早漏を早漏治療薬で本気で改善したいと思う方は、初めて服用する時から本番のセックス前に服用するのではなく、事前に一人で一定の期間服用して試されることをおすすめします。セックスをしなくても最低1週間に1錠を服用し続けることで効果がよりでやすくなります。3ヶ月ほど服用し続けた結果射精までの時間がより伸びるとされています。

ダポキセチン副作用の出方に個人差がある医薬品です。副作用が全くなく射精のタイミングを遅らせることができたという成功例もあれば、副作用が出てしまいセックスどころではなかったという方もいます。

ダポキセチンの副作用としては下痢、吐き気、めまい、痺れ、血圧低下などが報告されています。中でも下痢やめまいがよく見られる副作用です。

副作用がでるかどうか一人で一度少量から服用してみて確かめることをおすすめします。

特に、個人輸入代行などで海外通販を通して購入する際は用量や用法をしっかりと調査、確認して服用する必要があります。

「プリリジー」は30mg、60mgの用量が販売されており、ジェネリック医薬品を購入する際には「プリリジー」用量や用法、注意点などを確認して服用するようにしましょう。

近年ではED治療薬が早漏治療に効果があるという研究結果が報告されているためにED治療薬にダポキセチンを配合させたジェネリック医薬品が多数販売されるようになりました。中でも定評のある医薬品はアジェンタ・ファーマ社から販売されているスーパーカマグラとサンライズ・レメディー社から販売されているスーパーPフォースになります。ED治療薬の有効成分で勃起力を強め、そのことで自信を持つことができるようになるので、さらに早漏防止効果のある成分が含まれている薬を服用すると余裕を持ってセックスを行うことができます。

しかし、このタイプのED治療薬を服用する時に注意する点はダポキセチンの用量が日本人の体質には多めの60mg含まれている薬がほとんどなことです。必ず錠剤カッターなどで半分に切ってから服用することをおすすめします。

早漏防止薬とその継続率

2017年に発表されたアメリカでの「早漏の患者におけるダポキセチン治療の不継続性:2年間の観察研究(Discontinuation of Dapoxetine Treatment in Patients With Premature Ejaculation: A 2-Year Prospective Observational Study)」という研究では182人の早漏症の男性たちに 早漏防止薬を2年間服用するように指示し、どれだけの継続率を観察することができるのか研究されました。2年後の研究結果では全患者のうち、9.9%の男性のみが2年間の治療を継続したという結果が表れました。 

2年間の治療の間中 1、3、6、12、24ヶ月という時間の経過時点で薬の服用継続を中止しているかを報告するようにしたところ、それぞれ1ヶ月目は26.4%、3ヶ月目は61.6%、6ヶ月目は79.1%、1年後は87.3%、2年後には90.1%という結果になりました。

被験者の中止理由は、費用(29.9%)が最も多く、早漏が治癒可能な症状ではなくセックスをすると計画する度にダポキセチンを服用することが必要だということに失望したこと(25%)、副作用(11.6%)、認識することができた非効率性(9.8%)、他の治療法のオプションを探したこと(5.5%)、不明(18.3%)と報告されました。最も一般的な副作用には、あくび、吐き気、めまい、頭痛が含まれます。自己傷害または自害的な行動、セロトニン症候群、姿勢低血圧、または失神などの重篤な副作用は報告されませんでした。治療前に2分よりも長い膣内射精時間を有する被験者、ED治療薬を服用している人、およびIIEF勃起機能スコアが26未満である後天性PE(生涯にわたるPE)を有する患者は、早期に中止する傾向があり、したがって高い脱落率を示しました。

早漏治療薬の有効利用 (まとめ)

早漏治療薬は正しい用法と用量を服用すると、高い確率でタイミングを伸ばすことができる医薬品です。日本のインターネットのサイトでは副作用が多いという情報が多く流れていますが、服用する用量を少量から試したら副作用が大きくでることは稀であるとされています。

早漏治療薬を長期に渡って服用する際は、精力剤を服用しながら適度に運動をし、バランスのとれた食生活を行い、睡眠をしっかりとる規則正しい生活を送ることなどを通して体質改善を行い、自律神経のバランスを整えることで早漏を克服する体質を作ることが大切です。

早漏治療薬は対処治療薬で、早漏の症状を根本的に改善するための医薬品ではありませんが、服用しただけで早漏の症状を軽減させる効果を速攻的にもたらすことができる画期的な医薬品です。早漏でお悩みの方は、一度服用を試して見て、体質改善やトレーニングを行うといったような努力を併用なさると良いでしょう。

 

 

 

おすすめジェネリックED治療薬の医薬品の通販・個人輸入サイト