早漏防止の日常生活

早漏防止と日常生活

早漏の原因のほとんどは心因性だと言われています。

心因性の早漏は日常生活におけるストレス、不安、おそれ、幼い頃や若い頃のトラウマ、緊張、過度の興奮、罪悪感、恥ずかしさ、自信のなさなどのネガティブな感情から起因しています。しかし、人間社会で生活している人の中で、このようなネガティブな感情を全く感じない人は一体存在するでしょうか? そもそも地球の惑星的性質は両極の性質があります。光があれば闇があり、朝があれば夜が来る、いい時もあれば落ち込む時もあると陰と陽が交互に訪れる性質を持っています。そのため、バランスをよくとることが大切になるのです。

早漏防止は日々の日常生活における習慣を一つ一つ改善していくことから始めることができます。これから紹介していく方法は、毎日誰でも意識して行えばできることばかりです。毎日の積み重ねの努力と心持ちが健康な体と幸せな性生活を送ることができる鍵を握っています。

おすすめジェネリックED治療薬の医薬品の通販・個人輸入サイト「ベターヘルスストアー

早漏防止の日常生活

1. セロトニンと早漏防止

セロトニンという成分は「幸せホルモン」とも呼ばれている体内で生成される成分であり脳におよそ5%、血液中におよそ5%、腸におよそ90%あるとされています。脳内のセロトニンは、射精に対して阻害的役割を果たすことができるという研究結果が発表されています。セロトニンは射精のタイミングを遅らせることに効果がある成分なのです。

近年話題になっている早漏防止に効果を示している有効成分であるダポキセチンはうつ病の治療に用いられているSSRIと呼ばれている抗うつ剤でもあります。SSRIは英語ではSelective Serotonin Reuptake Inhibitorsの略称であり、日本語では選択的セロトニン再取り込み阻害薬と呼びます。有効成分ダポキセチンを含む早漏防止薬であるプリリジーも、欧米では有名なプロザックなどの抗うつ剤と同じクラスであるSSRIに所属する医薬品です。SRRIはセロトニンを放出する神経系のセロトニン・トランスポーターに作用し、セロトニンの再取り込みを阻害することで脳内のセロトニンの濃度を高めようとする医薬品なのです。

ということは、セロトニンの脳内の濃度を高めると自然に射精のタイミングをコントロールすることができるように体質改善をすることができるということなのです。幸せ感を感じさせる成分であるセロトニンを多く生成させるような生活を送ることが早漏防止に繋がります。このような自然な方法で早漏を治すことができたら、本当にいいですよね。

 

 

2. セロトニンがもたらす効果

1) 精神を落ち着かせる効果

セロトニンは精神を落ち着かせる作用をもたらします。不安や恐れなどのネガティブな感情を感じにくくなり、精神が落ち着きます。ポジティブになり、集中力が増え、心のバランスをうまくとることができるようになります。

 

2) 痛みを和らげる効果

セロトニンは自然の鎮痛剤と呼ばれているほど、痛みを感じにくくさせることができる成分です。頭痛や肩こり、腰痛など体のあちこちに痛みを抱えている現代人にとってセロトニンのレベルを上げることは痛みのない生活を送ることができる第一歩に繋がるのです。

 

3) 自律神経のバランスを整える効果

早漏は自律神経の乱れから起こる症状でもあります。セロトニンは自律神経のバランスを整え、交感神経と副交感神経の切り替えが潤滑に行われるようにします。

朝は交感神経が優位になり目覚めが良くなり、昼間は集中して仕事をすることができ、夜になると副交感神経が優位になり深い眠りにつくことができるようになります。

勃起は自律神経の副交感神経が優位になっている状態で起こる作用であり、射精は交感神経が優位になっている状態で起こる作用です。自律神経の切り替えがスムーズに行われることが射精障害を克服するためにはとても重要な要素となるのです。

 

3. セロトニンを増やす方法 

セロトニンは脳内神経伝達物質であり、私たちの日常で食べる食べ物や習慣などを通して自然に生成を促すことができます。

セロトニンを増やす方法は以下のようなものが挙げられます。

1) 太陽を浴びること

セロトニン分泌には2500~3000ルクス以上の高照度の光が必要になります。1日30分ほど太陽を浴びるとセロトニン分泌を促すことができます。

 

2) リズム運動をすること

デスクワークなど、長時間室内でパソコンの前に座って仕事をする習慣があると、セラトニン神経が弱ってしまい、脳がセラトニンを生成しにくい脳になってしまいます。

ワーキングやジョギング、犬と散歩する、歌を歌うなどのリズム運動をするとセラトニン神経が次第に活発になっていきセラトニンの分泌が促進されていきます。

 

3) ストレスのない生活をする / ストレスを適度に発散させる

ストレスに長時間さらされるとセロトニン神経が弱くなってしまい、セロトニンんが分泌されにくくなります。

仕事が忙しくて時間がないのでオフィスや部屋にこもりきりで運動もしないと、セロトニンが分泌されにくい体になり、セロトニンが脳内に欠乏すると早漏になりやすくなってしまいます。

ストレスを発散させるためにも、どんなに忙しくても1日に一回は太陽の出ている時間に外に出て太陽の光を浴び、ワーキングやジョギング、歌を歌うなどの運動をするとセロトニンの分泌しやすい体になります。

 

4) オキシトシンという神経伝達物質が分泌される活動をする

オキシトシンとは幸せや安心を感じることができる神経伝達物質です。

オキシトシンの分泌が促される活動としては、人や動物とのスキンシップが挙げられます。動物を触ったりペットと遊んだりすると幸せ感を感じるのはこのオキシトシンが分泌されるからなのです。

オキシトシンは人とのスキンシップでも分泌されるのでマッサージやエステ、スパを受けたり、信頼する人と会って話したりすることもオキシトシンの分泌を促します。

 

5) トリプトファンが含まれる食べ物を食べる

トリプトファンはセロトニンを生成する成分です。体内の酵素がトリプトファンが含まれる食べ物を分解し、セロトニンを作っていきます。

トリプトファンが多く含まれる食べ物は以下のような食べ物になります。

大豆製品:豆腐や納豆、味噌、醤油

乳製品:チーズやヨーグルト

炭水化物:白米、そばなど

バナナは特にトリプトファンが多く含まれている食べ物です。

早漏を引き起こす生活習慣を改善する

1) 油の多い食事は避ける

早漏やED(勃起不全)は血管が健康な状態であることが重要になります。加齢などにより血管の内側の壁が淀んでくると血流の流れが悪くなり、早漏やED(勃起不全)になりやすくなります。

同じように、油の多い食事をすると血管の壁をきれいに保つ一酸化窒素が生成しにくくなり、血流の流れが悪くなることに繋がります。

 

2) 飲酒や喫煙を控える

飲酒や喫煙はEDを引き起こす原因になるとされています。健康のためにも飲酒や喫煙を控えるようにしましょう。

まとめ

早漏は日常生活の日々の努力により改善が可能な症状です。ストレスや憂鬱な状態が早漏を引き起こすとされていますので、できるだけ太陽の光をたくさん浴びてリズム運動をし、バランスのとれた食生活を送ることで心身ともに健康な体を取り戻しながら早漏を治療しましょう。

おすすめジェネリックED治療薬の医薬品の通販・個人輸入サイト