心因性早漏の場合

心因性早漏の場合

早漏の症状は一見身体的な要因により引き起こされているようですが、ほとんどの場合は心因性だとされています。

心因性早漏の原因は主にセックスをうまく行えるかどうかへの心配、自信のなさ、フラストレーション、ストレス、罪悪感、おそれなどが考えられます。たくさんの早漏の男性達は心配→早漏→フラストレーション→罪悪感の悪循環の繰り返しのサイクルの中で苦しんでいます。

早漏であることは、場合によってはパートナーとの関係性にも影響を及ぼし、永続的に別れることになってしまうきっかけを作ってしまうこともあります。

心因性早漏の主な要因として以下のようなことが挙げられます。

 

1)セックスに関する抑圧的な教育や文化背景

幼い頃に両親や学校などで性交恥ずべき行為であると教えられた環境で育った人は、早漏になりやすいとされています。

宗教的にセックスは結婚する場合のみ許されると教わっている人も早漏になりやすいとされています。

性交が汚れた罪深い行為であり、どうにかして避けるべきな行為であると教わる人もいます。このような教育を受けた男性はセックスに対して恐れを抱くことが多くなります。

際立って性的に抑圧できでない両親の家庭で育ったとしても、十代の思春期の男性がマスターベーション(オナニー)をするようになった時、日本の一般の狭い家ではオナニーが見つからないようにできるだけ急いでやる男性が多く、このようなオナニーの習慣も早漏を引き起こす原因となってしまいます。

 

2)セックスへの経験が乏しいこと

セックスの経験が乏しい若い男性は心因性早漏になりやすくなります。若い男性はセックスをうまくすることで男性性を主張しようとします。しかし、セックスに関して教育をしてくれる人や機関に十代の男性がアクセスすることはほとんど不可能なので、普通若い男性はインターネット上でのアダルトビデオ(ポルノグラフィー)を見るなどしてセックスに関して学んでいきます。しかし、アダルトビデオのセックスは生殖器の快感にフォーカスが合わせてあり、過激な内容も多く、実際のセックスを経験してそのギャップに苦しむことが多くなります。どうして良いかわからずに、不安や恐れ、ストレスを感じながらセックスをするために早漏になりやすいとされています。

若い男性は性的刺激や興奮に慣れていないために、刺激が脳に伝わりやすく早漏になってしまうともいわれています。

 

3)若い頃のセックスの体験

男性が若い頃に初めてセックスを行った時の体験や若い頃のセックスに慣れていない時の体験は、その後のセックス・ライフに大きな影響を与えやすくなります。

若い頃のセックスで急いでセックスする習慣を習得し、早漏になってしまうと、その後一度習得した習慣を壊すことは難しいとされています。

いくつかのケースでは、遺伝早漏になってしまう男性もいます。

 

4)トラウマとなってしまう出来事

トラウマになるようなショックなできごとを経験した男性は早漏になりやすいと言われています。

トラウマとなる出来事として考えられることは、幼い頃にオナニーをしていて親に見つかってしまったことや、強姦されてしまったことなどです。

 

5)ストレス

仕事や家庭でのトラブル、金銭面の生活、パートナーとの関係性で大きなストレスを感じていると早漏になりやすいとされています。ストレスは性機能だけではなく、健康全般に悪影響を与えます。

 

6)うつ病

ストレスの多い現代社会において、10人に一人はうつ病を患っていると言われています。うつ病は気分がいつも優れなかったり、睡眠障害やモチベーションの不足、性欲の減少などの症状をもたらします。

うつ病の人は性欲を失いやすく、勃起が起こりにくくなり、早漏にもなりやすいとされています。

おすすめジェネリックED治療薬の医薬品の通販・個人輸入サイト「ベターヘルスストアー

心因性早漏の歴史と背景

ヨーロッパやアメリカのヴィクトリア朝時代(1837年から1901年)において、女性は性的な存在ではなく、単なる男性の性欲の受動体であると考えられていました。従って女性の性的快楽は問題としてとりあげられませんでした。女性が性的な喜びを感じるかどうかが問題ではなかったので、早漏も男性の問題として考えられませんでした。

ダーウィン説の信奉者達は、早漏を性交し生殖する能力のある男性的な特性のサインとして捉えました。彼らは早漏の男性たちはより子供をたくさん作る生殖能力が高く、子供に自らの遺伝子を引き継ぐことができると考えました。

20世紀に入ると早漏が問題として考えられ始め、1915年には早漏の英語の言葉であるPremature Ejaculationという名称が生まれました。それから欧米では早漏に関する数々の研究がなされてきましたが、早漏はほとんどの場合心因性だと考えられてきました。1960年代に入るとアメリカのセント・ルイスにあるワシントン大学を研究の拠点として活動したマスターとジョンソン博士は生殖生物学研究財団(Reproductive Biology Research Foundation)を創立し、早漏に関する研究を行いましたが、数ヶ月に渡る自助トレーニングを行えば90パーセントの男性達は早漏を克服することができると結論づけ、欧米でのセックス・セラピーを成功に導くきっかけを作りました。

心因性の早漏の大きな原因は若い男性がAV(ポルノグラフィー)を見すぎていることにあるという説があります。インターネットの普及によりほとんどの若い男性は初めてのセックスをAVで学ぶことになります。このことは若い男性が良いセックスをすることへの妨げとなります。AVはセックスへの間違った教育をする源となっています。

AVは男性と女性の生殖器の刺激と興奮、快楽を中心にストーリーが構成されているビデオであり、実際に恋人達が行うセックスとはかなり異なる内容が映し出されています。このように生殖器の快楽にフォーカスを合わせたAVを見すぎると、精神的にも混乱することに繋がり、このような性器中心のセックスは男性のペニスに大きな刺激を与えることになり早漏になってしまう原因に繋がります。

しかし、このような習慣を学んだ男性も、早漏克服のトレーニングを数ヶ月間行うことで、早漏を克服することができます。早漏克服のトレーニングにはゆっくりと腹式呼吸をすることから始める方法がまず挙げられます。ゆっくりと呼吸することはゆっくりとセックスをすることができるきっかけを作り、パートナーを抱きかかえながらゆっくりと遊び心のある、マッサージをベースにした身体全体を感じさせるセックスをすることができるようになります。身体全体を感じさせるセックスをすると、ペニスだけに刺激と興奮が集中してしまうのを避けることができます。このようなゆっくりとしたペースの身体全体で感じることができるセックスはパートナーの女性達がより愛情を感じることができるセックスでもあります。男性性をアピールしようとして強い刺激を与えるセックスをするよりも、パートナーの女性を思いやるセックスをすることで自然に早漏を改善させることができます。女性は膣内でのセックスだけで快感を感じるのではなく、全身の愛撫をとおしてより愛情を感じることができるといわれています。

まとめ

早漏はほとんどの場合心因性であるとされています。心因性早漏の原因はさまざまなことが考えられますが、ストレスの少ない生活習慣に生活のリズムを変化させ、早漏克服のトレーニングを行うことで多くの場合、心因性早漏を克服することができます。心因性早漏の原因の多くは若い頃の性体験やトラウマ、AVに影響を受けた生殖器を刺激しすぎるセックスをする習慣から起因しています。よりパートナーの女性と身体全体を愛撫しながらゆっくりとセックスを行うことで早漏を克服することができるようになります。

 

 

 

 

おすすめジェネリックED治療薬の医薬品の通販・個人輸入サイト