早漏防止のセルフケア

早漏防止のセルフケア

早漏のほとんどの原因は心因性にあるとされています。早漏はまた、克服可能な症状でもあります。早漏で多くの男性が悩んでいる影には、悩んでいながらも恥ずかしいという気持ちから決定的な行動に移すことができないでいることがあります。早漏を克服するためにはまず、勇気を持って早漏の症状に向き合うことが大切です。

早漏防止のためにはセルフケアをすることが重要です。セルフケアがおごそかになると、パートナーの女性をケアしてあげたいと思っていてもなかなかできないことが現実です。相手をケアする気持ちがあるのならば、まずは自分自身をケアすることが大切です。

セルフケアをどこからはじめていいのか、わからないという方もいらっしゃると思います。セルフケアは案外日々の生活のシンプルな習慣を変えることで簡単に行うことができます。必要なのは「セルフケアをする」という小さな決心だけです。自分自身を大切にするという小さな心の中のシフトが次第に私たちに大きな変化をもたらしてくれるようになるでしょう。そのようなセルフケアの潤いは、パートナーにも少しずつ伝わるようになり、相手をもっと幸せにしてあげることができるような人物になってくるでしょう。

おすすめジェネリックED治療薬の医薬品の通販・個人輸入サイト「ベターヘルスストアー

早漏防止のセルフケアの方法

ここからは簡単にできるシンプルな早漏防止のセルフケアの方法をご紹介します。

一つずつでも大丈夫ですので自分にできることから始めると良いでしょう。

 

1) セックスする時の体調を整える

疲れていたり、ストレスが溜まった状態でセックスをすると早漏になりやすいといわれています。

射精のメカニズムは自律神経の交感神経が司り行われます。自律神経は運動神経と異なり、私たちが意図して完全にコントロールするしにくい神経ですので早漏や遅漏が問題になってしまうのです。

自律神経の副交感神経は勃起を起こす神経であり、リラックスした状態の時に優位になります。射精の前の勃起を維持する時間を長く伸ばしたいのならば、リラックスすることが肝心です。しかし、日頃疲れていたりストレスを感じていると自律神経の交感神経が優位になりがちになってしまっています。このような体調と精神状態の時にセックスをしてしまうと交感神経に刺激が伝わりやすくなり、早漏になりやすくなってしまいます。

パートナーの女性のことを配慮してもストレスを発散させるためにセックスをすることは避けた方が良いでしょう。セックスは愛情を表現する一つのスキンシップの表れですのでできるだけ体調の良く身体と精神のバランスがとれていて、幸せを感じている時に行うのが望ましいでしょう。

 

2) 睡眠をしっかりととる

早漏の男性は睡眠不足であったり、睡眠を短くとる傾向がある方がたくさんいるそうです。睡眠不足だとどうしてもストレスがたまりやすくなり、体調不良に陥りやすくなります。睡眠不足だったり、睡眠をとりすぎるなどすると自律神経が乱れることに繋がります。自律神経は射精のタイミングを司る重要な神経系です。

 

3) 焦ってからセックスをしない

早漏の男性がセックスしている時は興奮しすぎて呼吸が激しく速くなっているといわれています。パートナーの女性に没頭して興奮しすぎるのではなく、ある程度の冷静さを保ってセックスを行うと射精までの時間を延長することができるとされています。一番わかりやすい方法は呼吸を意識するようにし、ゆっくりと深く深呼吸をするように呼吸をすることです。意識を呼吸に集中させてゆっくりと呼吸しながら行為を行うことで、過度に興奮したり緊張している神経を和らげることができ、意識を「今」にフォーカスすることができます。

早漏の男性はおうおうにして焦ってしまっている精神状態にいることが多いとされています。呼吸をゆっくりするだけで、精神を沈め、より感覚に敏感になるので、このような落ち着いた精神状態では射精をコントロールすることができる精神と神経の相関関係と伝達のメカニズムを少しずつ体得することができるようになります。とてもシンプルな方法ですが、効果的な方法です。

 

4) 運動を適度にする

有酸素運動を適度にすることは健康を保つあらゆる面でプラスの効果に繋がります。適度に体を動かして、有酸素運動を毎日するように心がけましょう。

運動をするとストレス解消にもなりますので、心身ともに健やかになることに繋がります。忙しすぎて運動をできない方もいると思いますが、通勤時に自転車で通勤することや、一駅歩くことにするなどの工夫をすることを考えることができます。

スポーツマンはゆっくりしてリラックスする時間を1日の中でも少しずつ設け、副交感神経が優位になることができる状態を作るようにしましょう。

 

5) 水分をまめによくとり新陳代謝をよくする

新陳代謝を良くすることは早漏に良い影響を与えるとされています。日頃から汗をかいて水分をたっぷり摂取する習慣をつけましょう。最低でも1日2リットル以上水をのみ、夏にはその2倍以上飲みましょう。

 

6) 喫煙を控える

ホルモンはセックスの間に私たちをいい気分を味わわせる鍵となる体内で分泌される物質です。脳はホルモンが最高潮に達すると、自然に射精するようになります。通常、射精は男性が望む適切な時期に行われますが、喫煙の習慣があるとと、このメカニズムに変化が起きます。ニコチンは脳に悪影響を与え、脳内のシステムを混乱させます。脳はニコチンに刺激を受けやすく、性的興奮にともない過剰な興奮が脳に伝わりやすく、結果、早漏の症状に繋がってしまいます。

喫煙は血管を劣化させることから喫煙を継続するとED(勃起不全)になりやすくなります。

 

7) トリプトファンが多く含まれたバランスのとれた食事をする

早漏防止薬であり、抗うつ剤であるSSRI選択的セロトニン再取り込み阻害薬)と呼ばれるダポキセチンは脳内のセロトニンを増やすことで早漏防止の効果をもたらす医薬品です。

セロトニンは私たちが日常によく食べる食べ物の中にも含まれている成分です。セロトニンを食べ物をとおしてたくさん摂取することで早漏防止を長期的に行うことができます。食べ物の中のトリプトファンという成分が体内酵素によりセロトニンに変化します。

トリプトファンが多く含まれている食べ物は、豆腐や納豆、味噌、醤油などの大豆製品、チーズやヨーグルトなどの乳製品、白米、そばなどの炭水化物などになります。バナナには特に多く含まれています。

 

8) 脂っこい料理、甘すぎるお菓子などは減らす

脂っこい料理は血管を劣化させるのと同時に、栄養とホルモンのバランスを崩してしまいます。

甘いものを食べると血糖値を上げてしまい、自律神経に負担をかけてしまいます。

血管と自律神経に悪影響を与える脂っこい料理、甘すぎるお菓子などは減らす方が良いでしょう。

 

9) 飲酒は長期的に考えると早漏へ良くない影響を与える

早漏は緊張しすぎたり興奮しすぎると起こりやすくなる症状であることから、飲酒をしてセックスをする方が良いとお考えの方も多いようですが、飲酒は一時的に早漏の症状を緩和させることもありますが、長期的に考えると早漏が永続的な症状となってしまうことに繋がる要因になります。お酒をたくさん飲むことはED(勃起不全)にもなりやすくなりますので、人生で長い間セックスを楽しみたいという方は飲酒は避けた方が良いでしょう。

 

10) 精力剤やサプリメントを服用する

精力剤やサプリメントを服用して早漏になりにくい体質作りを始めましょう。早漏に効果のある精力剤はアルギニンやシトルリンになります。

 

11) ケンカしてからセックスをしない

ケンカしてからセックスをすると気分が良くないうちにセックスをするのでお互いにとって良くない影響を与えます。セックスする時はお互いが気分がいい時に、良いエネルギーを分け合うため、愛情を感じあうために行うと良いのですが、多くのカップルがケンカをして仲直りのためにセックスをすることがよくあります。実はこれはお互いにとってとても良くないタイミングだとされています。

 

12) ベストを尽くして心配しない

早漏のことをあんまりにも心配しすぎると、より早漏になりやすいといわれています。ストレスや心配、恐れなどのネガティブな感情と、興奮や緊張などの性的高揚感は全て交感神経に刺激を与えます。ある一定の刺激が交感神経に溜まると射精の指令が脳に伝わる仕組みになっていますので、早漏克服に向けての努力をした後は心配しないようにしましょう。

まとめ

セルフケアをする方法のうちには早漏に速攻的な効果を与える方法もあれば、長期的に見て改善に繋がるというような方法もあります。早漏は精神的な要因のものが多い症状ですので、自分をいたわり大切にすることで解決できる確率がかなり高くなります。自分をまず大切にすることで初めてその愛情をパートナーと分かち合い表現することができるようになります。セルフケアを心がけて、前向きに早漏を克服していきましょう。

 

おすすめジェネリックED治療薬の医薬品の通販・個人輸入サイト