早漏防止の自己トレ

早漏防止の自己トレーニング

早漏を完全に克服したいと思ったら、長期的に早漏を完全に克服できるよう射精のタイミングをコントロールする技術を身につけるトレーニングすることが大切になります。早漏克服に必要な技術を学びトレーニングすることにより、世界中でたくさんの男性たちが早漏を克服することに成功しています。

早漏克服のトレーニング方法は5分ほどで習得することができる簡単なものもあれば、熟練するために一定の練習期間が必要な方法もあります。できれば全ての方法を試してみて自分に合ったトレーニング方法を習得し、射精のタイミングをコントロールできるように修練しましょう。いくつかのトレーニングは精神的なトレーニングだったりイメージトレーニングであったりしますが、他のトレーニング方法は身体的な訓練が必要となるトレーニング方法だったりします。スポーツや筋トレと同じように、一定の期間ほぼ毎日トレーニングをすることで上達するようになる方法です。根気と努力が必要ですが、努力の甲斐もあり高い確率でトレーニングをした男性たちは早漏を克服することができるようになります。

次の章からは早漏防止のためのトレーニング方法の中で、日本では比較的よく知られていない方法を紹介していくことにします。

おすすめジェネリックED治療薬の医薬品の通販・個人輸入サイト「ベターヘルスストアー

早漏防止の自己トレーニング方法

1)早漏防止の呼吸方法

セックスの前とセックスの間に、ゆっくりと深く呼吸する呼吸方法を習得するだけで射精のタイミングを遅らせることができます。

ゆっくりと深く呼吸することは私たちの精神と筋肉をリラックスさせより多くの酸素血液にもたらします。この呼吸法は私たちのフォーカスを新たに正しい方向に向けて合わせることができるようになり、不安や恐れなどのネガティブな感情を呼吸と共に外に解き放つことができます。

<セックスの前の呼吸方法>

① ゆっくりとしっかり10秒間、横隔膜を広げることを意識しながら腹式呼吸で息を吸います。

1秒間呼吸を止めます。呼吸を止める時に筋肉を緊張させないようにしましょう。

③ 口をすぼめながら息をゆっくりとしっかり10秒間吐きます。この時のフォーカスは呼吸と「現在」というに置きます。精神の集中が散漫し始めたり、心配などの考えが思い浮かんだら気とられず、またフォーカスを呼吸に戻します。

この呼吸方法はとても基本的なリラックスできる呼吸方法です。

この呼吸方法を行う目的は精神と体をリラックスさせることにあります。

 

<セックスをしている時の呼吸方法>

① 息を8秒間ゆっくりと吸います。

② 呼吸を止める必要がありませんが、息の吸うサイクルと息を吐くサイクルの折り返し地点のポイントに気づき意識するようにします

③ ゆっくりとしっかりと6秒間息を吐きます。緊張や不安などのネガティブな感情が体から外に解き放たれることをイメージします。筋肉の中心部が緊張しないように意識しましょう。

この呼吸方法はとても基本的でシンプルですが、早漏防止の他のトレーニングと一緒に用いると大きな相乗効果を感じることができます。

 

2) クールダウン技術を使う

早漏の男性たちはセックスの際、コントロールを失い始めるとパニックに陥る傾向があります。このことは事態を悪化させるだけで、何の解決にも繋がりません。このような時に早漏防止のためのクールダウン技術をつかうことで興奮が高まる状態を鎮めることができます。

<舌の先端とPC筋を使うクールダウン技術>

① 口の中の天井に舌の先端を押し付け、舌の先端で円を描く運動をします。この時、口を閉じたままにしておくとパートナーに気付かれずにこの運動を行うことができます。興奮のレベルが上昇してきたら、このテクニックを実行してください。

②同時に、長く優しくあなたのパートナーの背中を上下に撫でてあげます。彼女の肩から腰までゆっくりと手を下ろしますが、お尻を触ることは避けましょう。

手が背中に届かない場合は、手で女性の太ももや側面を上下にゆっくりと優しく撫でてください。この時、彼女の肌がどのように感じるかをよく感じ、そこにフォーカスを据えます。

③ 次にちょうど放尿を開始する時のようにあなたのPC筋(恥骨尾骨筋)を押し出します。この時、尿が出てしまうのではないかと心配されるかもしれませんが、その必要はありません。性的興奮が高まっているこのような時に尿は出てくることはありません。緊張が解放され外に放たれることをイメージします。約5秒間押したままにします。 5秒間リラックスしてこのサイクルを繰り返します。

この方法が早漏防止効果をもたらす理由は、舌の先端を口の天井にあてて円運動をすることで、性的興奮の精神状態からフォーカスを逸らすことができるからです。

PC筋を押し出すことで下半身の緊張状態をほぐし、ペニスの刺激だけにフォーカスしてしまうことを避けることができます。同時に、パートナーを手で愛撫することでフォーカスをパートナーに引き戻すことができます。このことはパートナーを喜ばせることにも繋がります。

 

<会陰を指で押さえるクールダウン技術>

この方法は最後の手段のために用いられるべき技術です。この技術を使うと射精を手動でくい止めることができます。

会陰とは男性の陰嚢と肛門の間にあるポイントになります。

まずはあなたの会陰ポイントを見つけます。

会陰は陰嚢と肛門の間にあるポイントでオーガズムを感じている時に脈打っているので、そのポイントを探し出すことができると正しいポイントを掴むことができます。

② 射精してしまうような時に、あなたの会陰部をしっかりと指で押してください。

オーガズムの持続させその状態を保ち続けてください

収縮している状態が軽減されていると感じたら押している指を解放してください。

あなたが正しいポイントを探し出し、押さえることができていたら、物理的に射精することはありません。

初めにマスターベーション(オナニー)を行う時に1〜2回、この方法を練習してみてください。

この技術を行うと、射精を止めることはできますがオーガズムは止めることはできません。

重要:この方法は、最後の手段としてのみ用い、緊急の時のためにとっておく必要があります。この方法は使いすぎないように注意してください。

 

3) 射精を遅らせる代表的なトレーニング方法

射精を遅らせるために行われる代表的なトレーニングとしては以下の3つのトレーニングがあります。このトレーニング方法で訓練することにより多くの男性たちが早漏を克服することに成功しています。

・セマンズ法(スタート・ストップ法)

スクイーズ法

PC筋を鍛える方法

この他、マスターべーション(オナニー)を行う時にゆっくりと少なくとも20〜30分ほどかけて行う方法や、亀頭を刺激に慣れさせる方法などがあります。

上記の方法は日本でもよく知られている早漏防止トレーニング方法ですのでトレーニング方法は簡単に調べて実践してみることができます。

早漏防止トレーニングを成功に導くポイント

早漏防止トレーニング失敗してしまうほとんどの男性たちは数日間、1つか2つの方法を試してみる傾向があります。それらの方法でいくらかの改善を確認してから、数週間後にまた何か別の方法を試してみる傾向があります。このようなトレーニング方法ですと、1分か2分くらいは射精までの時間を伸ばすことができるようになるかもしれません。しかし、このような方法ですと、1ヶ月後にはトレーニングをすること自体をあきらめてしまい、また早くイキ過ぎてしまう元の自己に逆戻りしてしまうケースが多くなります。

このように失敗する傾向を克服するためには、上記で紹介した早漏防止方法の全てを1度に長い間成功するまで根気強く修練することです。できる限りの方法を全て一度に行うと、その効果も数倍に膨れ上がることができます。技術を上達するには全てのことがそうですが、一定の期間諦めずに練習する必要があります。毎日或いは毎回行う繰り返しが良い習慣を身につけるためには大切になります。

まとめ

早漏防止のために自己トレーニングを行う際知っておきたいことは、早漏は永続的に続く症状ではなく克服可能な症状であるということです。セックスに関する悩みは男性は特に恥ずかしいと感じることが多く、一人で解決策を見つけることができないことが多い状況です。勇気を持って悩みに向き合い克服に向けてトレーニングを始めるといずれは克服することができるようになります。早漏防止のための自己トレーニングを成功に導くためにも、男性の性機能のメカニズムをよく理解し、自らの体と感情にセンシティブになることで射精のタイミングを少しずつコントロールすることができるようになるでしょう。

おすすめジェネリックED治療薬の医薬品の通販・個人輸入サイト