早漏を手術で改善

早漏を手術で改善

早漏で深刻に悩んでいる男性、早漏を今すぐ克服したいと思っている男性は、早漏を手術で改善するオプションを考えてみたことがあるかと思います。

早漏の手術は主に日本を含むアジア地域で行われていますが、アジアを除いた欧米を含む世界の他の地域において、早漏のための手術はほとんど行われていない現状があります。早漏で悩んでいる男性たちも早漏を改善するために手術という方法があることを知らない人たちはたくさんいます。

現在一般的に行われている早漏の手術の種類は主に以下の3種類になります。

・亀頭増大手術(注射)

・包茎手術

包皮小帯切除手術

早漏の手術は医学会が認めていない手術であり、性医薬品国際協会も早漏への手術治療を推奨していません。

早漏を手術で改善しようと検討されている方は、手術の詳細内容をしっかりと把握して慎重に検討してみる必要があります。

個人で行うインターネットや文献を通しての事前調査を行わずにクリニックや病院に無料カウンセリングに行くと、手術を行うことへの利点のみを説明されて勧誘されてしまう可能性があります。

早漏の手術をして早漏の症状を改善することができたという例もありますが、早漏の手術には数々のリスクと後遺症などがあります。

クリーブランド・クリニック財団 泌尿器科のマーク・ジェフリー・ノーブル先生は早漏治療に推薦できる手術法はないと述べました。神経切断手術などは、早漏を患っている男性が過敏なペニスを持っているために、ペニスのある神経を切断することで早漏の症状が改善されるだろうという論理の元に行われる手術です。これらの手術は欧米では主に終生早漏を患っている患者へ、早漏克服のための他のどの方法も効果が確認できなかった場合に稀に用いられる方法であって、ほとんどの男性は手術を考慮に入れずに早漏治療を試みている現状があります。医学会は早漏への手術治療に関して現在調査を進行中にある段階にいます。

早漏の症状と原因、射精のメカニズムを詳しく知り、なぜ早漏の症状が表れるようになったのか、早漏がどのように私たちの生活に影響を与えているのかを理解すると、リスクを鑑みてまで手術を行おうとすることはなくなるかもしれません。

おすすめジェネリックED治療薬の医薬品の通販・個人輸入サイト「ベターヘルスストアー

早漏手術の3種類施術法とその効果

1) 亀頭増大手術

亀頭増大手術は亀頭にコラーゲンやヒアルロン酸を注射により注入することで亀頭の皮膚を増大させ、亀頭の感覚を鈍感にすることで早漏を治療することを意図する手術です。

コラーゲンやヒアルロン酸は体内に吸収される成分であるために6ヶ月ほどすると元の状態に戻ってしまいます。このような場合で再度効果を体験したいという方は再度注射を行う必要があります。

アクアミドなどの体内に吸収されない成分を注入すると半永久的にその効果は持続しますが、体外物質を体内に注入すると健康に害を及ぼす可能性があります。一部では癌にかかるリスクが高まるともいわれています。

2)包茎手術

早漏は亀頭が過敏であることから引き起こされるといわれていることから、一部の研究者たちは包茎手術が早漏の症状を改善することに有効だと述べており、その結果、早漏治療のために包茎手術が施術されるようになりました。

医学会の研究においては包茎手術と早漏の改善に直接的な関係性はないという研究が主流になっていますが、一方では包茎手術をして次第に早漏が改善されるようになったという研究結果も存在します。結論としては包茎手術は手術をしてからすぐに早漏の症状を改善することには繋がらないと言って良いでしょう。

アメリカでは早漏改善のためではなく、包茎手術自体が盛んな国ですので包茎手術を生まれたての赤ちゃんに施術したり、子供の頃に受ける例がよく見られます。

日本では包茎手術を子供の頃に受けることは稀ですので、大人になって問題が発生した時に包茎手術を受けることが多いでしょう。

3)陰茎背部神経遮断術(包皮小帯切除術)

陰茎背部神経遮断術は上記の二つの手術に比べて難易度が高く、その分手術を行うリスクも高くなっています。早漏治療に関わる多くの人があまり推奨しない手術ではあります。ペニスの背部にあるペニスで快感を伝える神経を切断することで、早漏を改善する目的がある手術です。

この手術は快感を伝える神経を切断する手術ですので、早漏には効果的かもしれませんが、陰茎背部神経遮断術を行った後にセックスが気持ち良くなくなったという男性の体験談も報告されています。

陰茎背部神経遮断術が失敗するとちょっとしたペニスに激痛が走るなどの症状が表れることがあります。

早漏を手術で改善することのメリットとデメリット

1)早漏を手術で改善することのメリット

・手術が成功すると早漏の症状が改善され、手術が成功した体験者の満足度は高い

・これまでに他の手段を試して見たけれど全てうまくいかなかったという人には最後の手段として用いることができる方法である

2)早漏を手術で改善することのデメリット

・手術費用が高額である

・手術をする時に失敗する可能性がある

・一度施術をすると後戻りができず、手術後の感覚に不快感を感じても元に戻すことはできない

・手術を施術してから回復までに一定の期間が必要である

・手術をしても早漏が改善されない場合がある

早漏手術と現代の医療技術

上記に挙げた3種類の手術の方法に加えて、新しい研究により精索静脈瘤手術小帯拡張手術が早漏の治療に効果的だという研究結果が報告されています。

 

1)精索静脈瘤手術

2014年のイランのマシュハド医学大学 泌尿消化器科で行われた研究では、本来は男性の不妊治療で行われる精索静脈瘤手術が早漏治療にも効果をあげることができたという結果が報告されています。この研究において、精索静脈瘤と早漏の両方の症状を患っている20歳から30歳までの100人の男性に精索静脈瘤手術を行なったところ、63%の男性に早漏の症状の改善を確認することができたと報告されました。

 

2)小帯拡張手術(Frenulum Extension Operation)

2016年7月に「リプロダクティブ・ヘルスおよび避妊 ジャーナル」に発表された中国の北京大学での研究結果においては、早漏を患っている34人の男性にペニスの小帯(frenulum)を拡張する手術を行ったところ手術前の、IELT(膣に挿入してから射精までの時間)は1.35±0.49分であったのに対し、手術1カ月後のIELTは5.71±2.69分に増加し、早漏治療の満足度は94%にまで上げることができたと報告されました。

早漏の治療手術として新しく発表された上記の2種類の手術を実際に行っている医療機関は日本ではまだないでしょう。既存の3種類の種類に比べて早漏改善率は高いようですが、まだ広く実用化が普及されていないために実際の実績や口コミはまだ入手することが難しい状況にあります。

まとめ

ペニスに行われる手術を行う前に、ペニスへの手術は常に一定のリスクが付随することを考慮に入れる必要があります。ペニスはとてもデリケートな器官であるために手術を行うことには大きな危険がつきまといます。ペニスは静脈、神経およびそれらの組織の複雑なネットワークで構成されているため、外科手術のミスによる合併症は排尿の問題から勃起不全を含む慢性的な性行為の問題に至るまでの全ての問題をもたらす可能性があります。結論として、手術は広く推奨されていません。これらの手術は、他の選択肢を使い果たした末に、その他の救済措置を見つけるためにリスクを冒してでも早漏を克服したいという男性にのみに推奨されています。

 

 

 

 

 

おすすめジェネリックED治療薬の医薬品の通販・個人輸入サイト