早漏克服経験

はじめに

早漏で悩んでいる男性は世界的にたくさんいます。世界保健機関 (World Health Organisation)などの世界の主要な機関でも早漏は医学的な症状として認知されている症状です。

悩んではいますが、悩んでいることを友人に打ち明けることができる男性はそう多くはありません。たくさんの男性たちは早漏であることを恥ずかしく思っているのでパートナーにさえ打ち明けることができなく、一人で悩んでいる男性がたくさんいます。このような状況はその人の人生とパートナーとの関係性において深刻な影響を及ぼすことがあります。多くの男性たちは早漏であることで憂うつ、心配、憤り、自己 嫌悪 、自尊心の低下などを感じ、再び性的な関係を持つことに抵抗感を感じるケースまでもあります。また、多くの方々が時間の経過と共に克服することができるだろうと思っていますが、症状が一向に良くならないケースもよく見られます。また、他の場合では早漏への解決策がないと思い込んでいるので克服に向けて努力をしないこともよくあります。

早漏で病院に行く人はもっと少数になります。早漏の症状で病院に行く人は大抵不妊治療をする必要を感じている男性になります。子供を作るためには女性の膣の中で射精をする必要があり、膣の中で射精することができないと結婚をして子供を望む夫婦にとっては大きな問題になります。このような家族計画的な問題に繋がるケースを別にすると、普通早漏の男性は一人で悩みがちです。

早漏はとてもよくある症状にも関わらず、早漏のことを誰にも話すことができないということ、或いは早漏であるということに向き合うことができないということはしばしば問題を悪化させてしまう原因にもなってしまいます。早漏は男性の性生活における一つの症状ですが、克服可能な症状です。早漏の症状で悩む男性が多いことは、セックスに関することや問題をおおやけに話すことが難しい社会状況に起因します。

早漏の原因はそれぞれの方の体質と場合によって異なりますが、もし早漏がパートナーとの関係性において深刻な影響を及ぼすようであったら早漏に正面から向き合い自らの症状に合う解決策を探しながら克服に向けて前向きに努力することが良いでしょう。

早漏の男性はある女性に言われた一言をきっかけに早漏を克服する決心をしたりします。他のケースでは意中の女性がいてその女性には早漏のことで嫌われたくないからなど、克服に向けて努力するようになることもあります。

早漏であることに気づいてから実際に行動を起こすに至るまでかなりの年月がかかる男性も多い現状です。

おすすめジェネリックED治療薬の医薬品の通販・個人輸入サイト「ベターヘルスストアー

早漏のよくある誤解

・早漏は十代の若い男性や性交の経験の少ない人にのみ起こる症状ではありません。早漏の症状は年齢とともに減少するわけではありません。

・お酒を飲んだりすることは射精を遅らせることに一時的に役立つこともありますが、長い期間継続してお酒を飲むことは早漏の症状を永続的に持ち続けることに繋がる可能性があります。飲酒は精神的にも肉体的にも他の病気をもたらす危険性があります。

・ある特定の食べものが早漏を引き起こしたり、影響を与えるというような明確な証拠はありません。

早漏克服の成功ストーリー

早漏は克服可能な症状です。早漏克服を難しくしている理由は、性交の時の恥ずかしい体験のためにその症状に面と向かって向き合い、克服のために努力するようになるまでに時間がかかるからです。これから紹介する早漏克服成功例を参考にインスピレーションを受けてみてください。


 

早漏克服の成功例1: Sさんの場合

10代の頃に初めてのセックスを経験し、初体験で緊張したせいもあって膣に挿入した途端にすぐ射精をしてしまいました。パートナーの女性は処女ではなかったので彼女は私の短いセックスに不満を示しました。私は別れて欲しくないのでその後、早漏克服に向けて調べてみることにしました。

セックスのポジションを変えると射精までの時間を伸ばすことができることを知り、パートナーの女性に上に乗ってもらう騎乗位の態勢で性交を試すことにしたところ、射精までの時間をかなり遅らせることができるようになりました。早漏防止用のコンドームを使用してみると30分以上性交の時間を遅らせることができ彼女を感心させることができるようにまでなりました。私の経験では早漏克服にはリラックスすることがとても重要だということでした。

 


 

早漏克服の成功例2: Rさんの場合

当時30歳だった私は女性の膣に挿入して1分未満で射精してしまうという早漏症の持ち主でした。ある日決心をして病院の泌尿器科に症状を相談しに行ったところ、医師は5分だけ簡単に症状を聞いた後、検査もせずに性交をより頻繁に行うようにとアドバイスをし、性器を鈍感にするために厚いコンドームをつけて性交をするようにと指導しました。しかし、結婚したばかりで子供を持つことを望んでいた私は、厚いコンドームをつけることを拒否しました。

気をとりなおして他の病院に行ったところ、検査をしっかりと行なった後、前立腺が感染していることが明らかになりました。抗生物質の薬を処方してもらい、その後1分から3分の間に性交の時間を伸ばすことができました。

しかしながら私も妻ももっと長くセックスを楽しみたかったために3分の性交の時間には満足することはできませんでした。それで早漏防止のためのスプレーと飲み薬を服用することができることを知り両方を試して見たところ15分から20分にセックスの時間を延ばすことができるようになりました。早漏防止用の薬を服用することは心理的な不安や心配を減らすことにも役立ち、その後劇的に妻とのセックスライフを改善することができました。妻は2ヶ月後に初めての子供をめでたく妊娠することになりました。

 


 

早漏克服の成功例3: Eさんの場合

早漏の症状を克服することができた後、どうしてもっと早くに克服するために努力しなかったのだろうと思うようになりました。多くの早漏男性がそうであるように、私も早漏であることを恥ずかしく思い一人思い悩んでいました。

思い返すと私の早漏の原因はいつも急いでしていたマスターベーション(オナニー)にありました。多くの思春期の男性と同じく、私も親に見つかることを恐れて極力早く性欲を処理していた状態でした。

初体験の時に早漏という言葉も知らず、膣に挿入した瞬間射精をしまってからは性交への自信をすっかりなくしてしまい落ち込んでしまいました。彼女は「気にしないでいいよ」と繕ってくれましたが、2回目に試した時にも同じようにすぐ射精してしまった時にはショックを隠しきれませんでした。セックスの経験が浅く若かったということもあり、一体何が起こっているのかもよくわかりませんでした。

その後次第に気づくようになったことは私のペニスは生まれながらに普通より過敏だったということでした。初回の数回のセックスの後、気まずい想いをしたために、その後性交する時には「早漏で射精してしまうのではないか」と心配するようになり症状を悪化させるようになりました。

1日に数回セックスをする際には回数を重ねるにつれて射精までの時間を少しは伸ばすことはできましたが、それでももって5分という短さでした。24時間以上セックスをしないと1分持たないということがわかるということになり、彼女とセックスする回数が次第に減っていきました。当時セックスに関しては膣に挿入することオーガズムのことしか知らなかったので早漏という症状があるのも知らなかった状態でした。今考えるとおかしいと思うのですが、私たちはこのことに関して一言も話したことはありませんでした。それから数年間、同じような症状を繰り返しながらもそのパートナーとも早漏に関して話したことはなく、自分自身でも早漏克服に向けて何かをすることもありませんでした。彼女の方からも早漏について何かを言ってくる人はいませんでした。結婚するようになって初めて妻が早く私だけ射精をしてしまうことをからかって侮辱するようなことがあったくらいでした。

真剣に早漏克服に向けて努力するようになったのは妻と離婚するようになってからでした。早漏が離婚の原因ではありませんでしたが、離婚をきっかけにそれまで早漏克服に向けて何もしなかったことに関して反省するようになりました。私が一番困難を感じたのは早漏であることを問題だと認識するまで時間がかかったということです。一旦早漏が問題だと受け入れることができるようになってからはリサーチと実践にて早漏防止の薬を服用したり訓練するというアクション・ステップのみ残っているので比較的スムーズに進むことができました。

早漏克服への鍵は実際にセックスする時、そしてマスターベーション(オナニー)をする時にトレーニングをする必要があるということでした。本やインターネットなどで調べて色々なテクニックを試して見ました。どのトレーニングも似たようなもので、射精しそうになったら動きをとめて興奮がおさまるまで待つということを繰り返すスタート・ストップ法をまず試して見ました。そしてセックスをしている時にセックスとは関係ない他のことを想像して興奮を抑えるという方法も試してみました。

自然な方法にプラスして早漏防止の薬を服用することを試して見ました。プリリジーという薬を服用してみましたが副作用がでることを踏まえても早漏防止の効果選べるかというと、そうでもないので薬を服用することはやめることにしました。続いて早漏防止用の厚いコンドームをつける方法を試して見ましたが、とても感触が悪かったのでコンドームをつける方法も断念することにしました。色々インターネットで調べて試してみたところ、早漏防止のクリームやスプレーの中には局部麻酔薬が含まれており麻痺する感覚がとても強いものがあるのでペニスの感覚を感じることができない商品もありました。様々な薬をためしてみたところ、とても効果を感じることができる早漏防止スプレーをみつけ、使用してみたら10分は持つようになりました。

トレーニングと早漏防止スプレーを両方使い数年努力を続けてきましたが、年々射精までの時間が長くなるようになり、今では早漏のことを気にしないようになりました。

早漏克服した経験から、他の方にアドバイスすることができることは早漏の原因と克服方法は人によって異なるので色々なトレーニングの方法と早漏防止薬を試してみて自分に合った薬と早漏克服方法を見つけ出すと良いのではないかということです。

 

専門医が教える早漏克服のための方法

以下のリストは早漏治療の専門医が早漏克服のために効果的な方法として挙げている方法たちです。

 

1) パートナーに早漏であることを心を開いて正直に話す

パートナーに正直に心を開いて早漏であることを話すことは、早漏の症状を克服するための大切なはじめの一歩になります。正直に話すことでセックスへの自信を取り戻し、満足することができる性生活を送ることができるようになります。早漏は一つの症状であり、早漏であることはあなたの責任ではありません。パートナーと一緒に協力して早漏克服に向けて動き始めましょう。

 

2) 早漏に効果を示している早漏防止薬であるダポキセチン(抗うつ剤SSRI)を服用する

早漏克服のためにダポキセチンという抗うつ剤に使用されている薬を服用することで早漏防止をすることができます。ダポキセチンが含まれている早漏防止薬であるプリリジーは日本では医薬品として認可されていませんが、世界各国で認可されている早漏防止用の薬です。2012年には厚生労働省から輸入の許可がおりていて日本の医療機関でも処方することができるようになりました。

ダポキセチンは副作用がでることもあり、薬の副作用の出方には個人差があるために少量から服用してみて薬の効果をお試しになることをおすすめします。

 

3) 早漏防止用の局部麻酔薬であるクリームやスプレーを塗る

早漏防止のために局部麻酔薬をペニスに塗布することで射精のタイミングを遅らせることができます。

 

4) 早漏防止用の厚いコンドームを着用する

0.01mmから0.03mmの薄いコンドームではなく、0.01mmなどの厚いコンドームを使用するとペニスに伝わる刺激が少なくなるので過敏性早漏で悩む多くの男性たちに効果を示している方法です。

 

5) 早漏防止のトレーニングをする

代表的な早漏防止トレーニングは以下の二つになります。

・セマンズ法(スタート・ストップ法)

・スクイーズ法

 

6) 早漏防止と克服のためにカウンセリングやセラピーを受ける

心因性の早漏には過去のトラウマや不安、恐れ、ストレスなどが原因となっていることが考えられますので専門家のカウンセリングやセラピーを受けることは効果的な治療方法になります。

 

7) 早漏防止のためにPC筋を鍛える

早漏防止のためにPC筋(Pubococcygeus Muscle)と呼ばれている恥骨尾骨筋を鍛えることで、早漏克服をすることに成功している男性たちはたくさんいます。肛門を締めて力を緩めてという簡単なエクササイズはオフィスで仕事をしている時や電車で通勤している時などどこでも簡単にすることができながら早漏防止に大きな効果を発揮しているトレーニング方法です。

 

8) 忍耐力を持つこと

早漏防止の精神的なトレーニング方法として忍耐力を鍛える方法があります。急いで焦ってしまっては早漏の症状を悪化させてしまうことがあります。ウサギと亀のおとぎ話のように急いでいると結局は大きな目標を達成できないことになってしまいます。早漏防止のためには気持ちを落ち着かせて「今」という時に精神をフォーカスしてできる限りの努力、トレーニング、薬を服用するなどの前向きな姿勢が大切になります。

 

9) セロトニンのレベルをアップさせる

早漏の男性は脳内の化学物質であるセロトニンのレベルが不足しているという研究結果が出ています。セロトニンのレベルをアップさせるには十分な睡眠をとる必要があります。また、セロトニンを体内で生成させる成分であるトリプトファンを含む食べ物をたくさん摂取したり、太陽を浴びて運動をすることなどもセロトニンのレベルをアップさせることに繋がります。早漏防止のためにも規則正しい生活を送り、バランスのとれた食生活を始めましょう。

まとめ

早漏は克服することができる症状です。早漏克服ストーリーにも紹介されたように、まずは早漏であることを認めて、症状克服に向けて前向きな努力を始めることが肝心になります。早漏はほとんどの場合心因性になりますので、セックスの時のストレスを軽減させるためにもパートナーに悩みを打ち明けて一緒に克服のために努力すると、早漏克服への努力がきっかけでより絆を深めることに繋げることができます。

おすすめジェネリックED治療薬の医薬品の通販・個人輸入サイト